藤井聡太四段が14連勝!平藤眞吾七段と角換わりで最新形6五桂急戦


藤井四段が平藤真吾七段に勝って、連勝記録を伸ばした。

これで、14連勝ですね。

もはや誰も止められないこの快進撃。

一体どこまで伸びるのか?

ものすごく気になります。

平藤七段とは、角換わり戦になって、平藤七段は腰掛け銀にしたのに対し、藤井四段が6五桂急戦で仕掛けていきました。

羽生三冠相手にも4五桂急戦をやっていましたし、ソフト発祥の戦法をものにしていますね。

角換わり戦の最新形といっていいのではないかと思います。

それでは、その対局を見ていきたいと思います。



スポンサードリンク

検討

まずは、平藤七段が4五桂急戦を見せていきました。

藤井四段vs平藤七段

藤井四段はこの後△3三銀としたんですが、ここで▲2五歩から▲4五桂と4五桂急戦ができるかどうかですよね。

ソフトは無理筋と言っていますので、難しいかもしれないです。

ということで、平藤七段も▲4七銀から腰掛け銀を目指しました。

対して、藤井四段は△7三桂から△6五桂とすぐに跳ねていって、6五桂急戦。

藤井四段vs平藤七段

これもちょっと無理なんじゃないかと思っていましたが、ソフトは推奨していました。

▲4五歩と位を取ったのに対して、6五桂急戦がいけるんですね。

腰掛け銀に対しては、△7五歩▲同歩と突き捨ててからでないと4五桂急戦・6五桂急戦はできないというのが、私の研究結果だったんですが…

これで、なぜいけるのか?

調べてみると、ここで▲8八銀と引けないからみたいですね。

▲8八銀としてしまうと、△4六角と打たれて、▲4八金に△5七桂成▲同金のときに、△3七角成と馬を作られてしまいます。

そのため、▲6六銀として、5七の地点にヒモをつける必要があります。

スポンサードリンク

そうなると、▲6六歩と桂馬を取られる筋がなくなりますので、後手としても攻めやすくなります。

ということで、藤井四段は飛車先の歩を交換して、あっさり引き上げましたね。

ただ面白くないのは平藤七段。

飛車先の歩の交換だけされて、平藤七段は何も戦果を上げられていませんので。

なので、▲2九飛と引いて、飛車周りの構想にしましたね。

藤井四段vs平藤七段

藤井四段は、△8四歩と打って、局面を収めたんですが、この▲8九飛をとがめる筋もあるようです。

△1五歩▲同歩に、△1八歩と叩きます。▲同香に△2七角と打って、馬を作りに行きます。

これで、後手が指せる展開のようです。

藤井四段は穏やかな展開にして、平藤七段は許さずに、▲9八香から地下鉄飛車にしました。

ただ、飛車がいなくなった所で、また△8五歩から飛車先の歩の交換。

そこで、▲8九飛と戻って、今度は△7三桂で受けましたね。

藤井四段vs平藤七段

最初から桂馬で受けていても良かったようにも見えますが、桂頭が薄いのを気にされたのでしょうか。

それとも端攻めされるのがイヤだったのか。

藤井四段の考えが気になる所です。

ただここからは、▲8五桂から平藤七段の攻め。

藤井四段vs平藤七段

金をあげて、▲7三桂。△8二飛と逃げて、▲6一桂成と成っていきます。

△同玉は、▲7三角の飛車金両取りが厳しいですね。

ということで、△7三角と敵の打ちたい所に打てで、藤井四段が打ちましたね。

平藤七段はそこから▲9五歩からの端攻め。

ただ、△6一玉と成桂を抜かれてしまい、端攻めには、▲9二歩と局面を収められてしまいます。

藤井四段vs平藤七段

ここから無理に突破しようと▲9三角と打つんですが、浮かむ瀬はこれが完全な悪手だと言っていますね。

△同歩に▲同歩成とと金はできるんですが、△4二飛と逃げられて、と金が使いにくいです。

そこからは藤井四段の反撃。

着実に攻めを繋いでいって、藤井四段の勝利となりました。

受けも攻めも素晴らしいですね。

少し気になったのが一致率。

浮かむ瀬の手をかなり指していたので、どれぐらい一致しているのか調べてみました。

先手の平藤七段の一致率は50%で、悪手が7%(5手)、疑問手が4(3手)でした。

後手の藤井四段は一致率52%、悪手が5%(4手)、疑問手が2%(2手)でした。

案外、一致率は同じようなものなんですね。

かなり浮かむ瀬と同じ筋を指しているように見えましたが、そうでもなかったようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*