藤井聡太七段vs大石直嗣七段の棋譜速報!第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選


第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選の藤井聡太七段と大石直嗣七段の棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりましたね。

大石七段が早繰り銀にして藤井七段も早繰り銀で相早繰り銀になりました。

叡王戦本戦の渡辺明棋王vs広瀬章人八段戦でも相早繰り銀になっていましたが、早繰り銀に早繰り銀で対抗するのが有力なのでしょうか。

藤井七段vs大石七段

ここで、渡辺棋王は▲5八玉でしたが、大石七段は▲6六歩にしました。

歩越し銀には歩で対抗の格言通りですね。

藤井七段は△9四歩と8六飛のときに▲9五角の王手飛車を消しました。

▲5六角と打ち、△7五歩▲同歩△同銀▲7六歩△8六歩には、▲7五歩△8七歩成▲8三銀を狙っていますね。

角換わり棒銀でよくある筋ですが、早繰り銀でも有力です。

ということで、△5四歩に▲7四角と取らせましたね。

一歩損にはなりますが、筋違い角ですので、損はないという判断ですね。

割り打ちの銀を打つべきかどうか

藤井七段vs大石七段

攻め合いから一転して囲い合いになりましたね。

△6九銀の割り打ちもみえますが、大石七段は問題ないという判断ですね。

金銀交換で薄くできるので、十分考えられたと思いますが、藤井七段は見送って△6四歩。

金が手に入るより、銀が2枚手駒にされるほうがイヤだったということですかね。

なかなか難しいところですね。

歩を取り返しにいく

藤井七段vs大石七段

藤井七段は△4五銀と打って歩を取りに行きました。

守るのであれば、3七銀か2六飛か3八飛ですね。

3七銀は4五銀のほうが明らかに働きがいいですので打ちたくありませんし、2六飛は4八角で馬と作られますし、3八飛も2七角で馬を作られます。

ただ、▲3八飛△2七角の変化は▲3七飛△3六角成▲同飛△同銀で飛車・角交換で収まるので、ソフトは先手もまだ指せるという判断のようです。

スポンサードリンク

大石七段は7筋の歩を突いていって、手を作りにいきました。

歩を打たせたのか拠点の歩なのか

藤井七段vs大石七段

▲7六角と出て△7五歩▲6七角と引きましたが、この7五歩が打たせたのか、それとも拠点となるのか難しいところですね。

ソフトは△7五歩を打たせるのは損という判断で、ここで後手の評価有利(約500点)になりました。

ソフトは▲4五歩を推奨で、△同歩▲同角なら角成りが受けにくいです。

▲4五歩には△5六歩と角道を止めてどうかという感じのようです。

その変化で、200点ぐらい後手がいいとのことです。

突き捨ての歩

藤井七段vs大石七段

大石七段は2筋を突き捨てていきました。

△同歩なら▲2五歩の継ぎ歩や▲2三歩の叩きなどがあります。

ということで、△同銀と取りましたね。矢倉は基本的に2筋の突き捨ては銀で取るのがいいとされています。

なので、分からない場合は銀で取るほうが正解の場合は多いです。

もちろん、藤井七段が分からないということはないと思いますし、しっかり読み切っての△同銀でしょう。

矢倉・角換わり必修の手筋

藤井七段vs大石七段

藤井七段は成銀を捨てて△3九角の両取り。

この角打ちは矢倉や角換わりではよく出てくる手ですね。

▲2四飛と切るのがソフトの推奨手で、△6六角成▲7七銀△2四歩▲6六銀△5九飛成▲6九歩という変化になります。

それで、400点ぐらい後手がいいという変化ですが、どうですかね。

先手から手を作るのが難しそうですし、後手の手番で手を作られそうですので、実践的には後手のほうがもっといいかもしれません。

なので、大石七段は▲4一銀と勝負手でいきましたね。

攻め合いにしたほうが勝機がありますので、実践的には銀打ちのほうが良い気がします。

攻めを遅らせる銀打ち

藤井七段vs大石七段

▲5四歩と垂らしてと金攻めを見せたのに対して、△7一銀。

▲8一飛成から取られてしまいますが、飛車の利きを反らして攻めを遅らせることができます。

△4一金引と銀を取り返して、△2九馬で△7六桂を見せて▲7七歩と受けましたが、△9八歩▲同香と吊り上げて、一気に攻めにいきます。

読み切りの角成り

藤井七段vs大石七段

▲5三歩成に△3二金右と手堅く受ける手もありましたが、藤井七段は読み切って△5八角成と踏み込んでいきました。

受けはありませんので、大石七段は金を取って形作りとなりました。

投了図以下

藤井七段vs大石七段

ここで、大石七段の投了となりました。

以下、▲同玉△6九龍▲8八玉△7八金▲9九玉△8八銀までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*