アニメ「3月のライオン」の二海堂晴信の声優、岡本信彦が加藤一二三九段と対局


4月29日と4月30日に開催されるニコニコ超会議2017にて、3月のライオンコラボ企画ということで、

アニメ「3月のライオン」の二海堂晴信役の声優、岡本信彦さんと加藤一二三九段が対局します。

岡本信彦さんと加藤一二三九段が対局するのは、4月30日の14時30分~となります。

実は、岡本信彦さん、小学生のときは、プロ棋士が夢だったそうで、将棋会館道場にも中学3年まで通っていたそうです。

もちろん、実力もあり、アマチュア三段。

ニコニコ超会議には、以前にも出ていて、プロ棋士と対局しています。

以前では、橋本崇載八段に飛車落ちで勝ったり、香川愛生女流王将に角落ちで勝ったりしています。

なので、加藤一二三九段ともかなり面白い対局が見られるのではないかと思います。

解説・聞き手

解説と聞き手は、中村太地六段と中村桃子女流初段です。

中村六段の解説はかなり参考になりますし、分かりやすいです。

聞いているだけで、ものすごく勉強になります。

戦型予想

おそらく、駒落ち戦になるとは思いますが、

岡本信彦さんは、中飛車党とのことですので、おそらくゴキゲン中飛車にされるのではないかと思います。

スポンサードリンク

また、駒落ちも何を落とすのかというのも気になりますね。

飛車か角かその両方かということになるとは思いますが、さすがに飛車角の両方はないですかね。

やはり、橋本八段と同じように、飛車落ちということになるのではないでしょうか。

加藤一二三九段の駒落ち戦は、乃木坂46の伊藤かりんさんとの対局を見たことがありますが、

駒落ちでありながら攻めていて、駒落ち戦も強い印象があります。

ちなみにその対局では、飛車角と香2枚の4枚落ちで対局していました。

それだけ落として、駒たちが躍動していましたので、飛車だけであったとしたら、さらに躍動するんじゃないかと思います。

いずれにしても面白い対局になりそうですので、見る価値は十分にあると思います。

できるのであれば、幕張メッセで直接見たほうが面白さは上がると思います。

生で見るのと動画で見るのってかなり違いますからね。

その場の空気感ってかなり重要なような気がします。

真剣に将棋を指している空気は私は結構好きですね。

もちろん、無理に行く必要はないと思います。

動画だけでもある程度は伝わってきますからね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*