王座戦挑決トーナメント 渡辺明二冠vs豊島将之名人の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第67期王座戦挑戦者決定トーナメントの渡辺明二冠と豊島将之名人が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりました。

豊島名人は△6五歩と6筋の位を取りました。

渡辺二冠vs豊島名人

第4期叡王戦本戦の斎藤慎太郎王座vs藤井聡太七段戦と同じ形ですね。

ここから同じように▲3五歩△同歩▲4五桂から同じ展開になりました。

渡辺二冠から変化

渡辺二冠vs豊島名人

ここまでは同じ展開で、斎藤王座は▲6四角と打っていきましたが、渡辺二冠は▲2四飛と走ります。

2四飛も銀取りで自然な一手ですね。

銀が逃げると▲7四歩で桂馬が取られてしまいますので、△4四角と打ちます。

▲2九飛△7六歩▲8八銀と引かせてから、△2四歩と打ちましたね。

渡辺二冠vs豊島名人

タダですが、2三歩と打つと壁銀の形になってしまいますので、▲2四同飛△2三銀と銀冠にして形良くしたいということですね。

銀冠の弱点から反撃

渡辺二冠vs豊島名人

スポンサードリンク

豊島二冠が攻めに転じて、渡辺二冠は▲2五歩と銀冠の頭を狙っていきます。

銀冠は頭の銀が弱点ですので、ここが急所ですね。

ただ、△8五桂から7筋を狙っていきます。

▲2四歩は入ったと思いますが、▲6七金と受けました。

豊島名人が先行

渡辺二冠vs豊島名人

豊島名人が先に攻めます。

△7六歩に▲同銀は△6六銀もありますが、△同銀▲同金△6四桂もありますね。

▲8八銀も△6六銀と出てくるでしょうね。

そのときに壁銀で形が悪いので、▲8六銀と上に出ましたね。

△6六銀▲同金△同角▲6七銀と打って、△7四桂。

渡辺二冠vs豊島名人

ここで逃げずにつなぐのがプロの手ですね。

逃げると一手パスになって、攻め込まれてしまいますので、桂馬でつないで、角を取れば△同桂が金に当たります。

また、ただつないだだけではなく、銀取りにもなっていますので、好きなタイミングで銀も取れます。

渡辺二冠は▲2四歩△同銀▲3六桂と反撃します。

ギリギリの受け

渡辺二冠vs豊島名人

▲2三歩と叩いて、△同金は形を乱せます。

それでも、そちらのほうが安全に見えますが、△1二玉とかわしましたね。

かなりギリギリですが、これで耐えているということですね。

▲3三歩成△8六桂▲2二歩成△1三玉▲2三とから寄せにいきます。

ただ、寄りませんので、豊島名人が勝ちになりましたね。

▲2三とに代えて、▲6六銀と角を取っていたら、どうだったのでしょうか。

玉が裸になりますし、飛車も取られるので、苦しいですかね。

ソフト的には全くの互角で、まだまだ分からない将棋だったようです。

投了図以下

渡辺二冠vs豊島名人

ここで、渡辺二冠の投了となりました。

詰みはありませんが、玉が裸で受けるのも難しいですし、後手玉も捕まらないので、投了やむなしですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*