NHK杯決勝 羽生善治九段vs郷田真隆九段の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント 決勝の羽生善治九段と郷田真隆九段が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりましたね。

郷田九段は6三金型にしました。

羽生九段vs郷田九段

△4四歩にすぐに▲4五歩と仕掛けていって、△同歩なら▲同桂でしょうね。

▲同銀で銀交換を目指しても先手から打つところがないんですよね。

反対に後手からは△4七銀と打って、▲同金なら△3八角の両取りがあるので、銀交換は先手のほうが損をしそうな感じがします。

ただ、郷田九段は取らずに▲7五歩と攻め合いにいきました。

NHK杯は早指しですので、受ける展開になると苦しいとみたところもありそうです。

味付けの垂らし

羽生九段vs郷田九段

郷田九段は飛車先を交換して、羽生九段は▲2四歩を入れてから、▲4三歩と垂らしました。

△同金なら▲2四飛が受けにくくなりますので、取るなら△同銀ですね。

そこでどうするかですが、▲6五歩と桂馬を取りにいくのでしょうか。

銀をさげたことで、5五桂の両取りがありますね。

郷田九段は△4七歩と叩いて、▲同銀としてくれれば、5五桂が消えるので、△4三銀と取ろうということだと思います。

スポンサードリンク

ただ、羽生九段は▲同金と堂々と取りました。

△3八角は▲2四飛と走っておいて、金はヒモがついているので、問題ないという判断でしょう。

そこで、△7七歩から桂交換をして動いていきます。

冷静に歩を払うべきだったか

羽生九段vs郷田九段

ここで、△4三銀と歩を払っておいて互角だったようです。

この歩が拠点になって、郷田九段にとっては厳しくなってしまいましたね。

△4三銀には▲5五桂の両取りが見えますが、△同銀と取ってしまって、▲同銀なら△3八角が今度こそ刺さりますね。

ただ、ちょうど反撃に出たところですし、ここで止めるのもなかなか難しいところですよね。

△6五桂から攻めにいって、反撃がキツかったですね。

取れば十字飛車の歩頭の桂

羽生九段vs郷田九段

▲3五桂の歩頭の桂も厳しい手でしたね。

△同歩なら▲2四飛が王手角の十字飛車ですね。

放っておけば▲3二角成△同玉▲2三金までの詰みということで、△同角と取るしかなく、そこからは形作りという感じで、手がなかったですね。

投了図以下

羽生九段vs郷田九段

▲4四桂で郷田九段の投了となりました。

現状は▲3二角成△1三玉▲2三金までの詰めろですね。

ただ、適当な受けがなく、△2三銀としても▲3二桂成△同銀▲3一角△2三玉▲2二金△1三玉▲3二金△2三玉▲2二角成までの詰みとなります。

唯一詰まないのは△4二金ですが▲同歩成で状況は変わらないですね。

これで、羽生九段のNHK杯優勝が決まりましたね。

これを弾みに、タイトル奪還もぜひしてもらいたいですね。タイトル通算100期もみたいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*