王座戦挑決トーナメント 佐々木大地五段と羽生善治九段の棋譜速報!一手損角換わり


第67期王座戦挑戦者決定トーナメントの佐々木大地五段と羽生善治九段の千日手指し直し局です。



スポンサードリンク

千日手局では、相雁木になって、お互い手の出しにくい展開になり、羽生九段から動いていきましたが、佐々木五段も切り返して、千日手になりました。

どこから戦いが起こるのか分からない面白い将棋でした。

そして、本局の千日手指し直し局では、羽生九段が一手損角換わりにしましたね。

一手損角換わりには早繰り銀ということで、佐々木五段は積極的に攻めにいきます。

佐々木五段vs羽生九段

手順は少し違いますが、王座戦挑決トーナメント近藤誠也六段vs羽生善治九段戦と同じ形になりました。

ここで、近藤六段は▲4六銀と引きましたが、佐々木五段は▲6八金右と固めましたね。

それに対して、△8五桂▲8八銀△4九角と積極的にいきます。

ひたすらに4九角!

佐々木五段vs羽生九段

佐々木五段は角を合わせて角交換していきますが、羽生九段は4九角を打ち続けて、合わせられなくします。

手損にはなりますが、形が乱れるので、動かしたほうがいいとも限りませんので、損得は難しいところですね。

スポンサードリンク

▲6八玉△3八歩▲4八金△6七角成▲同玉△3九歩成とと金を作ることに成功します。

角金の駒損ですが、と金ができましたので、十分釣り合いは取れていますね。

玉頭攻め

佐々木五段vs羽生九段

羽生九段は玉頭を狙って、一歩交換して、3六歩を狙っていくのかなと思いましたが、△7六銀と捨てていきます。

形は全く異なりますが、王座戦挑決トーナメント渡辺明二冠vs久保利明九段戦の渡辺二冠の銀捨てを豊富とさせる勢いのある手ですね。

▲7六同玉△7八金▲2七角と遠見の角で反撃に出ます。

ただ歩が打てますので、△6三歩で硬くなります。

銀で抜かれたのが痛かったか

佐々木五段vs羽生九段

佐々木五段は玉頭を狙っていきましたが、この▲6四歩を△7五銀で抜かれてしまったのが痛かったでしょうか。

ソフトは▲6三同角成△同玉▲6四歩△7三玉▲6三金のような変化を推奨していました。

これなら、6四歩が王手になりますので、抜かれる心配はないですね。

ただ、角を渡しますし、玉が空中で裸ですので、リスクは高すぎますが。

と金を捨てて飛車が成る手筋

佐々木五段vs羽生九段

▲2三歩成~▲1二とは、飛車が成るための手筋ですね。

と金がもったいないですが、飛車が成ったほうが早いですし、この場合ですと金取りにもなって、先手先手で攻めにいけます。

ただ、△3二香がピッタリでしたね。

詰めろになりつつ、2二飛成の金取りも予め受けています。

投了図以下

佐々木五段vs羽生九段

ここで、佐々木五段の投了となりました。

▲同飛は△3三桂が両取りになります。

飛車を引くのであれば、と金を払われても手がなさそうですし、3三桂で銀を狙ったり6七歩成と横から攻められたりしても、寄りそうです。

なにせ、先手から手がないのが苦しいですね。

ゆっくりとした手でも間に合ってきてしまいますので。

なので、投了やむなしだと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*