先手番2三歩戦法!?横歩取り8七歩が意外と優秀!


将棋クエスト5分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が後手番です。

横歩取り模様の将棋から、横歩は取らずに▲8七歩とされました。

8七歩

飛車を引けば相掛かり模様ですね。

相掛かりより横歩取りのほうが私は指しやすいので、△7六飛と横歩を取ります。

横歩を取ると、2三歩戦法と同じような感じになります。

ただ、飛車先が切れている分、どうかですね。

6五角か8五角か

8七歩

角交換をして、8五角か6五角のどちらかですね。

局面を収めるのであれば、後手のこちら側には8八歩が残っているので、それを受ける必要があります。

当然それでは面白くありませんので、角打ちですね。

8五角なら7八飛成で、ほぼ2三歩戦法と同じになります。

問題は、▲6五角ですね。

△7五飛で▲8三角成としてくれればいいですが、▲4三角成とされます。

△同金は▲2二飛成で終わってしまいます。

なので、△3三角でどうかという感じで、ほぼ互角の展開のようです。

▲6五角には△3三角が正解で、▲2二飛成から横歩取り4五角戦法に似たような展開になります。

実は成立していた飛車切り

この変化はあまり知らなくて、2三歩と同様に△7八飛成と切ってしまいました。

意外とこれでも成立しているようで、200点ぐらい後手がいいとのことです。

ただ、△2三歩で局面を収めてしまうのは、さすがに駒損なので悪くなります。

スポンサードリンク

ここで△7九角と攻め合う一手だったようです。

8七歩

以下、▲4三角成は△5七角成が詰めろ飛車取りになります。

なので、▲2二飛成△同金▲4三角成となりますが、△4一飛▲5三馬に△5六歩が好手のようです。

▲同歩は△4七飛成が受けにくくて、▲5八金は△5七歩で龍を取れば頭金までの詰めろとなります。

5七歩を打てるようにしたのが、5六歩と叩いた効果ですね。

ということで、△5六歩は取らずに▲3一飛と打って、難しい展開が続きます。

自陣を整備して、カウンターを狙う

本局は、最善が分からず局面を収めてしまいましたので、自陣の隙をなくして、相手が何かしてくれるのを待つことにしました。

8七歩

相手もかなり駒組みが難しくて、うっかり金とか銀とかあがると、7八角から桂馬が取れます。

金が1枚いない分、かなり駒組みの制約がかかっています。

なので、こちらが悪いとはいえ、実践的にはかなり難しいのかなと思います。

こじ開けにきた

8七歩

角を切って、8二金でこじ開けにきましたね。

銀が逃げると桂・香取られてしまいますし、飛車の打ち込みにも弱くなりますので、銀にヒモをつける一手ですね。

△5四角と打ったのですが、▲9一金で△8七角成は▲8二飛と十字飛車がかかるので良くなったようです。

△5四馬で銀は助かりますが、▲8一金と桂香拾われてしまいます。

なので、△4五角と打って、▲9一金に△6七角成とできるようにしたほうが良かったようです。

本局は▲7一飛と打って、△6一金で飛車が捕まる形となってしまい、こちらが良くなりました。

手番を渡して、隙ができるのを待つ

8七歩

▲7九銀と飛車を打つ隙をなくされましたが、角一枚ですと手を作るのが難しいですので、△4二銀と立て直して、隙ができるのを待ちます。

飛車と角の両方の打つ隙を作らないように駒組みを進めないといけませんので、かなり大変だと思います。

指し手が難しいということで、ここで投了となりました。

8七歩は知っている方があまり多くないと思いますし、研究してみると面白いかもしれませんね。

8七歩自体は、ソフト評価値もそれほど下がらず互角ですので、十分有力だと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*