極限早繰り銀を雁木囲いで受けてみる!将棋クエスト5分切れ負け


将棋クエスト5分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が後手番です。

極限早繰り銀vs雁木囲い

相手の方は極限早繰り銀ですね。

一度研究しましたが、角道開けた形しか研究していないんですよね。

角道開いていれば、飛車先交換して、横歩を取って、それなりに戦いやすい展開に持っていけるんですが、開いていないので、それも難しいということで、雁木にすることにしました。

極限早繰り銀に対して、雁木にすれば受けられるというのは、研究したのでなんとかなるんじゃないかと思っていました。

ただ、▲3五歩といきなり仕掛けてこられて、どうしようか迷いました。

△同歩▲4六銀でもいいんですが攻めが早まるような気がして、△4三銀としました。

実際は△同歩じゃないといけないらしく、ここで悪くなりました。

▲4六銀に△3六歩と逃げて、▲3五銀なら△3七歩成▲同桂△3六歩が決まりますし、▲2六飛と一度浮くのも手筋ですが、△4五歩と角道を通して、5五角を見せれば十分のようです。

極限早繰り銀vs雁木囲い

角道が通っていれば当然△5五角はありませんが、通していないので、これで切り換えせるということですね。

これも知っておかないと怖いですね。極限早繰り銀が流行りだしていますし、いろんな工夫されている方も多いですので。

本局はかなり悪くなって、騙し騙し指していました。

極限早繰り銀vs雁木囲い

ここまで来てしまうとさすがに受からないので、△4五歩と無理やり角をさばきにいきました。

角交換してまた▲5五角と打たれて、かなり苦しい状況で、△3三歩でもあまり受けになっていないので、△3二金と避けて、馬は作らせることにしました。

▲1一角成に△3七歩となんとか攻めました。

極限早繰り銀vs雁木囲い

▲同飛に△2八角とこちらも馬を作る狙いです。

スポンサードリンク

▲同桂も△2七角で馬ができます。

当然どちらもしてくれるわけもなく、▲2八飛。

仕方ないので、△8六歩~△3六飛を狙うことにしました。

ただ、△8六歩に▲8五香と打つ手があり、それでほぼ負けでした。

とは言え早指しなので、咎めるのも難しいということで、▲同歩と応じてくれたので、△同飛。

相手の方は飛車がまわってくるのがイヤということで、▲2六飛と浮いて、横歩を守ってこられました。

ただ△8九飛成が入るので、ちょっとだけ良くなりました。

極限早繰り銀vs雁木囲い

ここでもうどう指していいか分からなかったですが、△6四歩と桂馬を取りにいくことにしました。

桂馬を取れば、△8六桂があるので、それに期待していました。

ただ、いつでも▲8八馬で龍と馬の交換になるので、あまりいいとは思ってなかったです。

△6四歩に対して、いきなり▲8八馬もあったようで、飛車と角・桂の2枚替えですが、▲8二飛からすぐに桂馬は取り返せるので、全く問題ないですね。

相手は、▲4四香と攻めてこられて、△6五歩▲4三香成△同金左。

そこで、▲2一馬と桂馬を取ってくれたので、▲8八馬が消えて、ありがたかったです。

こちらは期待の△8六桂。

相手は馬を切って、▲9八銀と受けてきました。

馬はさすがに切らなくてよかった気もしますが、少し焦ったのかもしれません。

極限早繰り銀vs雁木囲い

ここでいい手がありまして、△6九角がありましたね。

▲同玉は△7八桂成から銀を取って手順に龍が逃げれます。

▲4八玉なら△9八桂成と外しておいて、金取りが残っているので、先手を取れます。

私はたんに△同桂成として、少し攻めにくくなりました。

極限早繰り銀vs雁木囲い

最後の最後にこの拠点を活かせたのが大きかったです。

取っても歩成が入るので、悪化するだけです。

なので、▲2三歩成としてきましたが、△4九銀不成▲同玉。

△3八角で良かったみたいですが、▲3九玉から逃げられるのがイヤで、金にしました。

ただ、△4八角成で逃げられることはなかったようです。

極限早繰り銀vs雁木囲い

角を打っていって、退路を塞ぎました。

▲同玉に△7九龍で詰みだったみたいです。

▲同金△5八銀▲6八玉△6七銀成▲5九玉△5八成銀までですね。

△8八龍と金を取る手しか見えていませんでした。

それでも、こちらに迫る手はないので、勝ちとなりました。

受け間違えていきなり敗勢になりましたが、早指しなので、なんとかなりました。

極限早繰り銀も流行になりつつありますし、もっと研究しないと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*