後手番早石田の4五角の大乱戦変化!【将棋クエスト5分切れ負け】


将棋クエスト5分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が先手番です。

▲7六歩△3四歩▲2六歩△3五歩と3筋を伸ばして、早石田にされましたね。

▲2五歩と突いていきますが、△3三角とあがってくれるわけもなく、△3二飛。

後手番早石田

▲2四歩は、△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△3三角や△8八角成に代えて、△3六歩もあります。

▲同歩は角交換して△1五角が王手飛車です。

なので、▲2二角成△同銀▲7七角といった展開になります。

これはこれで一局です。

私は▲6八玉として、△3四飛に角交換して▲6五角の乱戦の変化に持っていきました。

後手番早石田

飛車先突いていない形であれば、▲1八飛と寄ったり、1六歩の形なら▲6五馬もあるんですが、1五歩と飛車先を突き越しているので、▲3七歩の一手になります。

後は早石田の乱戦の定跡と同じような展開ですね。

後手番早石田

スポンサードリンク

▲8四馬に△7五飛と引いて、馬を取りにいくのが定跡だったと思いますが、△3六歩と変化してきましたね。

▲同歩もあると思います。

飛車・角交換は特に問題ありませんし、△同飛と戻るのであれば、それも特に問題なさそうです。

ただ、▲4八銀とあがっていくことで、手得を狙っていきました。

△3七歩成▲同銀と手順に銀があがって手得ですね。

△同角成とぶった切ってきて、▲同桂△3六歩と激しくきました。

▲2六飛と浮いて、桂馬を取ったら飛車が抜けるので、それで受けました。

△3五銀▲1六飛△1四歩と飛車を狙ってきました。

後手番早石田

△1五歩~△1六歩の2手が入るまでに手を作らないといけないので、忙しいです。

取りあえず、▲8五馬と引いて飛車にあててみました。

△7五飛を読んでいましたが、△7五歩とされましたね。

飛車を取ると歩が桂馬に当たってくるので、イヤですね。

ただ、馬道が空いて、玉の小瓶を睨んでいるのが大きいです。

両方の桂馬を跳ねて、攻めの形が完成。

後手番早石田

△6二銀とあがって受けてこられましたが、飛車を取って、▲8二飛と下ろして銀を無力化しました。

ただ、▲7七歩と打てば飛車が動けなかったので、取れましたね。

歩で取れるのは見えていませんでした。

△4二金など真ん中を足してくると思っていましたが、△7一金とあてて強くきました。

両方の桂馬を成って、攻めていきました。

後手番早石田

ここで、▲7一銀不成で詰んでいましたね。

△5一玉▲6二飛成までの簡単な詰みですね。

金取ることしか考えていませんでした。

角も下ろして銀を取り、玉を引っ張り上げて、飛車と馬の両方で攻められて、さすがに受けはないですね。

なんとか飛車が取られる前に手を作ることができてよかったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*