竜王戦第5局 羽生善治竜王と広瀬章人八段の棋譜速報!矢倉戦


竜王戦七番勝負 第5局の羽生善治竜王と広瀬章人八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は羽生竜王が矢倉にしましたね。

竜王戦は全部角換わりになるのかと思いきや、矢倉もありましたね。

これに対して、広瀬八段は用意していたかどうかですね。

おそらく、角換わりを一番考えていたとは思いますが、少しは考えていたかもしれません。

広瀬八段は、飛車先を切らして急戦で攻めにいきました。

羽生竜王vs広瀬八段

広瀬八段は5筋の歩を切っていきました。

▲4六銀と手順に角を追うこともできますし、▲3五歩△同歩を入れてからも有力ですね。

羽生竜王は▲2四歩~▲2五歩の継ぎ歩。

△同歩▲同飛は十字飛車がかかって苦しいですね。

△2二角と引くしかないですが、▲2四歩と垂らされて、と金を見せられます。

△3三桂~△2五歩がありますので、すぐに終わるわけではありませんが、角も使えなくなりますし、苦しいと思います。

なので、取り込ませて、△2二歩で受けましたね。

遠見の角に好手あり

羽生竜王vs広瀬八段

角交換になって、▲2七角と遠見の角を打ちました。

銀取りが受けにくいですね。

金をあげて受けたいですが、銀を取って▲7二銀があります。

なので、玉で受けるか歩を打つかぐらいですが、広瀬八段は△5四歩を選びました。

スポンサードリンク

▲5五歩と合わせてこじ開けにいき、△8四飛と浮いて角道から飛車が逃げます。

飛車交換を狙う勝負手

羽生竜王vs広瀬八段

△7五歩と突いて、飛車の横利きを通しました。▲同歩なら△7六歩▲同歩と形を乱して、△5二金とかわしてから、▲2四飛と飛車をぶつける狙いですね。

後手陣は雁木がしっかりしていて、先手陣は銀が上ずって形が乱れているので、飛車交換になれば後手のほうが良さそうです。

ということで、羽生竜王は取らずに▲6二銀不成△同馬▲7二金と馬を追って、飛車交換の筋をなくします。

2度目の継ぎ歩

羽生竜王vs広瀬八段

▲2三歩成△同歩▲2四歩と本局2度目の継ぎ歩ですね。

継ぎ歩は有力な手筋ですが、一度の対局に何度も出るのはなかなか珍しい気がします。

歩成りは困るので、△同歩の一手に▲同飛。

角にヒモがついていますので、十字飛車が決まっているわけではありませんが、△2三歩なら角を取ってしまおうということですね。

広瀬八段は△7六歩と攻め合いにいきます。

龍は作られますが、△3一金のギリギリの受け。

筋が悪い好手

羽生竜王vs広瀬八段

▲7一金打と筋は良くないですが、飛車道を止めて、▲3一角から角を抜けます。

なかなか見えにくいですし、見えても指したくはない手ですね。

打った金の働きが悪いですし、△同飛▲同金となったときに、6二にいた金の働きも悪くなるのもイヤですし。

ただ、筋が悪くても、しっかり読んで指せるのが、羽生竜王の強さの1つでもあると思います。

広瀬八段は△5五角と出てから飛車を切ります。

桂馬も取りましたが、▲3一角△3二玉▲2二飛△3三玉となり、飛車を切って▲2二角成でやはり角が抜かれてしまいます。

後は広瀬八段が暴れていきましたが、羽生竜王が冷静に受けて勝ちとなりました。

投了図

羽生竜王vs広瀬八段

ここで、広瀬八段の投了となりました。

現状は▲3二銀△2二玉▲2三馬までの詰めろですね。

受けるのであれば、△4二金ですが▲2三歩で一手一手になります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*