横歩取り4五角戦法の棋譜紹介や定跡・対策解説


横歩取り4五角戦法について解説します。

4五角戦法の基本的な流れはこちらです。


横歩を取った先手に対して、角交換してから、4五角と打つので、4五角戦法と言います。

飛車取りなので、▲3五飛と逃げると、△3七角成▲同金△8八飛成と角と銀交換ながら、龍が作られていますので、後手有利です。

横歩取り4五角戦法

4五角を打つ前に、△2八歩と歩を捨てたのは、▲同銀と取らすことで、先手の陣形を乱すためですね。

これを打たないで、△4五角といきなり打った場合、▲2四飛△2三歩▲2八飛と飛車が戻ります。

横歩取り4五角戦法

△6七角成としても、▲同金で、△8八飛成には、▲同飛があるので、これは失敗です。

横歩取り4五角戦法

スポンサードリンク

棋譜

第34期棋聖戦本戦準決勝 加藤一二三vs谷川浩司


1979年5月15日とすごい年代を感じる棋譜ですが。

プロ間では、4五角戦法は、先手の勝ちと結論が出てしまっているため、もう指されないので、仕方ないですね。

とは言え、アマチュア間では指されますし、横歩取りをする場合、知っておくことをオススメします。

定跡

4五角戦法の定跡はこういった感じです。


先ほどの棋譜と同じような感じですね。

この定跡について、解説したいと思います。

横歩取り4五角戦法

▲2八飛と戻れればいいんですが、銀がいて戻れませんので、▲7七角と打って、飛車を取り合いに行きます。

これに、△2四歩▲8六角と単に飛車を取り合った場合、歩損な上、▲5三角成も残ってて、これは後手不利です。

横歩取り4五角戦法

そのため、△8八飛成と銀を取って、▲同角とさせてから、△2四歩と飛車を取り返します。

これに対し、先手は、▲1一角成と馬が作れるので、銀を取られても問題ないという主張ですね。

横歩取り4五角戦法

後手としては、馬が働いては面白くありませんから、△3三桂と跳ねて、馬を働かせないようにします。

先手は、馬を使っていきたいので、△3六香として、桂馬との2枚替えを狙います。

横歩取り4五角戦法

歩がないので、これが受からないわけですね。

後は、先ほどの棋聖戦のように△同角もありますし、△6六銀と、無理やりこじ開けていく手もあります。

6六銀を▲同歩と取ってしまうと、△7八角成で、後手が有利ですので、▲3三香成として、攻め合います。

もっと厳しくいくのであれば、△8七銀もあります。

横歩取り4五角戦法

▲同金は、△7九飛が厳しいので、▲7九金と引きます。

その後は、△6七角成▲3三香成で一局です。

これが基本的な定跡なんですが、いくつか変化がありますので、そちらも見ていきましょう。

変化1:△6七角成


▲2四飛に対して、△2三歩と受けるのではなくて、△6七角成とした場合。

横歩取り4五角戦法

▲同金△8八飛成▲2一飛成と攻め合いになりますね。

横歩取り4五角戦法

△8九龍には、▲6九歩と底歩で受けます。さらに、△5五桂と攻めて、これも手抜けませんので、▲6八金と引きます。

横歩取り4五角戦法

△6七銀と打って、▲同金は△同桂成が厳しいですし、放っておくのも、△6八銀が厳しいので、▲5八金寄と金を寄ります。

横歩取り4五角戦法

△同銀成▲同金は次が続きませんので、△8八龍と龍も効かせますが、▲6八桂で、次が続きません。

横歩取り4五角戦法

変化2:▲3五飛

△4五角と打ったときに、▲2四飛ではなく、▲3五飛と引く手もあります。


△6七角成には、▲7七角か▲7五角と打ちます。

▲7七角から見ていきますね。

これに△同馬は▲同桂で、次が続きません。

それでも、局面が落ち着いて一局なんですが、超急戦には物足りないかな? という感じです。

なので、△7八馬と金を取ります。

横歩取り4五角戦法

△8八馬と銀を取ると、▲5三角成に▲3二飛成△同銀▲4二金で詰んでしまいますので、△4二金打と馬取りの先手を取りながら受けます。

横歩取り4五角戦法

これには、▲6一歩があり、△5三金▲6一歩成△同玉は、金が上ずってて、陣形が悪いので、後手不利です。

スポンサードリンク

△同銀には▲同馬△同玉とすると、▲8二飛と王手馬があります。

横歩取り4五角戦法

そのため、△同金と取るんですが、今度は▲8五飛が厳しいですね。

横歩取り4五角戦法

なので、△8八馬と銀を取るのではなく、△8九馬と桂馬を取るのがいい手です。

そこからは、同じように▲5三角成△4二金打となります。

ここで、▲6二歩と打っても、あまり効果がないので、▲6三馬と桂馬取りに当てます。

横歩取り4五角戦法

この状態であれば、銀が取れますので、△8八馬として、▲8一馬と桂馬を取って、攻め合います。

横歩取り4五角戦法
これで、一局という感じですね。

局面を戻しまして、△6七角成のときに、▲7五角とした場合。

横歩取り4五角戦法

△7六飛と横歩を取るのは、▲6七金と馬を取られて、角は飛車のヒモがついていて取れませんので、これは後手不利です。

ですので、△8八飛と引きます。

▲6七金には、△8八飛成と銀を取って飛車が成ります。

横歩取り4五角戦法

銀取りにあたっているので、▲6八金と引いて、△8九龍▲6九歩と進みます。

横歩取り4五角戦法

浮かむ瀬は、ここで一度手を戻すのがいいと言っていて、△4四銀や△3三桂とするのがいいようです。

この変化は、浮かむ瀬は後手持ちで、400点ぐらい良いようです。

実戦的には、まだまだ難しいですが、後手の方が指しやすいように見えるんじゃないでしょうか?

龍を作っていて、先手陣の陣形は乱れているのに対し、後手陣は、ほとんど乱れていませんので。

もちろん、先手が指せそうであれば、相手に4五角戦法をされたときに、こっちの変化に持っていくのも手です。

4五角戦法のオススメの対策

個人的に、オススメの4五角戦法に対して有力だと思っている対策について、お伝えしたいと思います。

それがこちら。


△2八歩と打たれたときに、▲7七角と飛車と香の両取りに当てるわけですね。

ここで、後手としての手は3通り。

両取り逃げるべからずで、△2九歩成と攻めあってくる手。

△8八飛成と飛車を切ってから、歩を成ってくる手。

△7六飛と横歩を取りつつ飛車が逃げる手。

これらについて見ていきたいと思います。

△2九歩成


△2九歩成には、▲8六角と飛車を取る一手です。

△3八とと銀を取った場合、▲同金と一度手を戻します。

横歩取り4五角戦法

ここからは、△5二玉などして、守る必要がありますが、▲8四飛と回って、△8二歩と打たせて、歩切れにできます。

後は陣形整備して、隙ができるのを待つ感じになります。

角・銀・桂だけですと、後手からの攻めはなかなか厳しいと思います。

△8八飛成


△8八飛成は▲同角と取って、△3九歩成には、▲1一角成と攻め合います。

△1九とと香車を取る手は甘いので、△3九とと銀を取ってきますが、ここは、▲同金と手を伸ばします。

ここで、後手からの攻めが続かなくなります。

△2五角の飛車取りと角成が見えるんですが、これには、▲3二飛成と飛車を切ってしまって、△同銀▲5五飛が厳しいですね。

横歩取り4五角戦法

△4七角成は、▲5三飛成で、詰みですね。

以下△5二金▲4二金△6一玉▲5二龍まで、です。

横歩取り4五角戦法

なので、5三の地点を守るしかないんですが、▲2五飛と角が取れます。

後手は飛車を持ってはいますが、金が働いていて、案外打つ所がないんですよね。

先手は、飛車成りも残っていますし、△2三歩と受けるのであれば、▲8五飛と回ることもできます。

△7六飛


△7六飛に▲1一角成は、△7八飛成が厳しすぎますので、▲2八銀と歩を取ります。

それに対し、△2七歩と叩いて、▲同銀とさせて、△4五角の飛・銀取り。

横歩取り4五角戦法

▲2四飛で飛車が逃げつつ、銀にヒモをつけて、一応受かるんですが、△2三歩▲2五飛△3三桂と執拗に飛車を攻めます。

横歩取り4五角戦法

角も取れませんし、飛車が横に逃げれば、銀が取られてしまいますので、▲3三角成と桂馬を取ります。

王手なので、△同金しかありませんが、ここで▲4五飛と角を取った場合、△7八飛成の方が、やはり厳しいです。

なので、▲7七銀と一度手を戻します。

このままですと、飛車角取りなので、△7五飛と飛車が逃げつつ角にヒモをつけます。

それには、▲3六銀とあがって、△同角に▲7五飛と飛車を取ります。

当然、後手は角も取られるわけにはいきませんから、△4七角成と馬を作ります。

横歩取り4五角戦法

このままですと、馬が強いので、▲4八歩と馬に働きかけます。△2九馬と桂馬を取って、一局ですね。

ここを▲4八金とすると、△同馬▲同玉に、△6九角の金取り詰めろが厳しいです。

ということで、この変化が一番難しい将棋になりますね。

なので、4五角戦法を使う場合は、この対応をされるのがいいのではないかと思います。

対策と言いつつ、完全な対策ではないんですが、▲7七角は知っている方が少ないので、うまくいきやすい印象です。

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*