ゴキゲン中飛車対策はポンポン桂?話題の戦法を研究してみた。


ゴキゲン中飛車対策に、ポンポン桂が有効という話を聞きました。

本来、ポンポン桂は、四間飛車相手にするもので、将棋ウォーズでやると、ポォン↑ポォン↑ケェーイ↑↑とメッチャテンション高く言ってくれます。

それがゴキゲン中飛車相手にもできるのであれば、これはやるしかないでしょう。

ということで、ゴキゲン中飛車相手のポンポン桂を研究してみました。

まだ試したわけではありませんので、細かい所は分からないです。ですので、修正することがあることはご容赦ください。

スポンサードリンク

定跡


定跡と呼べるのかどうかは分かりませんが、一応こんな感じみたいですね。

ゴキ中に対するポンポン桂

このときに、▲3七銀、▲4七銀と上がっていけば超速という戦法ですが、そうではなくて、▲3七桂と桂馬が跳ねます。

△6二玉などした場合は、▲4五桂△4四角▲2四歩△同歩▲同飛で、2筋が突破できるので、居飛車有利です。

ですので、△4四歩と桂馬を飛ばせなくする一手です。

これに対しては、一度陣形を整えてから、▲4六歩と突いて、桂馬を飛べる準備をします。

ゴキ中に対するポンポン桂

△5四銀と4五の地点を守ってきても、構わず▲4五歩△同歩▲5六歩と突きます。

△同歩ですと、▲3三角成△同桂▲4四角の王手桂馬取りが受かりません。

そのため、5六歩が取れないんですが、取らなくても、取り込まれて銀がどかされて、桂馬に飛ばれてしまうわけですね。

研究

ここからは私の研究結果になります。

研究と言いますか、浮かむ瀬に聞いただけとも言えますがw

先ほどの定跡? はポンポン桂がうまくいった例ですが、問題はどこが悪かったのか? ですよね。

浮かむ瀬によると、▲4六歩に対する応手ですね。

ゴキ中に対するポンポン桂

このときに、△5四銀とあがって、4五の地点を守るのではなくて、飛車先の2筋が狙われているわけですから、△3二金とあがって、2三の地点を守ることが重要なようです。

ゴキ中に対するポンポン桂

ただ、これで居飛車が失敗かというと、そうでもないようで、▲4七銀とためます。

△7二玉と囲いに行くんですが、▲4五歩とつっかけていきます。

△同歩と取りますと、▲同桂△4二角▲4六銀と銀も使っていきます。

ゴキ中に対するポンポン桂

狙いは、5五の歩ですね。角を動かしたことで、この歩を取ることができます。

もちろん、△5六歩と突いたら、▲1一角成が入りますので、歩を突くことはできません。

そのため、△5四銀とあがって歩を守るんですが、ここで一度▲2四歩と突き捨てます。

ゴキ中に対するポンポン桂

△同歩には、▲4四歩と打って、桂頭をカバーと味付けします。

△7二玉と囲いに行くんですが、▲3五歩と突き捨てます。△同歩▲同銀と銀が進出していきます。

桂馬のヒモが外れるので、桂馬が取れますが、これは居飛車側の狙いです。

そもそもポンポン桂自体、桂馬を捨てる戦法ですので、その戦法名に恥じぬよう、捨ててしまうわけですね。

△4五銀と桂馬を取ったら、▲4八飛と回って銀取りに当てます。

ここで、4四の歩の味付けた効果があるわけですね。

△5四銀と引けば、▲3四銀とあがって、4筋の突破を目指します。

ゴキ中に対するポンポン桂

このままですと、4筋が突破されてしまいますので、△5二金か△5三飛と受ける必要があります。

△5二金は金が玉から離れる上、飛車道も止めて、やりにくい気がしますので、△5三飛でしょうか。

スポンサードリンク

いずれにしても、▲5六歩と突いて、△同歩▲5五歩と打って、銀をどかして、4筋を突破します。

ゴキ中に対するポンポン桂

ただ、これで突破できるかというと、そう甘くもなく、△4七歩▲同飛△4六歩▲同飛と2回叩かれて、△5七歩成▲同金△5五銀があります。

ゴキ中に対するポンポン桂

▲同角は△同飛が金に当たってきますし、▲5六歩や▲5六金としても、△3五飛が銀取りと飛車成りを見せられて、先手が悪いです。

なので、▲4七飛と一度引きます。

歩成りが残ってるので、後手は受ける必要があります。

△5二金ですと、▲4三歩成△同金▲同銀成▲同金△5四歩があるので、受かっていません。

ゴキ中に対するポンポン桂

なので、受けるには、△4六歩か△5六銀となります。

△4六歩には、▲3七飛と回って、3筋に狙いを変えます。

何もしなければ、▲5四歩と飛車を叩いて、逃げれば銀が取れますので、△同飛なんですが、▲4五銀と下がって、飛車・金取りになります。

そのため、△3六歩と叩いて、▲同飛に△4四銀と歩を取ります。▲同角と銀を取れば、金を取って飛車が成れるので、後手有利です。

なので、▲5八歩と受けて、銀取りにあてます。

ここで、銀取りを受けるのが難しくて、浮かむ瀬によると、最善は△3三金だそうですが、▲4三歩と打って、△同金なら、▲同銀成△同飛▲3二飛成が入ります。

そのため、△5一角と逃げる一手なんですが▲3三銀成と金が取られます。

ゴキ中に対するポンポン桂

これを△同銀と取りますと、▲3四歩で銀がどこに行っても取られてしまいますので、△同角と取るんですが、▲4二歩成とと金が作れます。

△同角は銀がタダですね。

ゴキ中に対するポンポン桂

こうなれば居飛車の成功です。

ただ、駒割り的には、金と銀・桂の交換ですし、歩が成れただけなので、実戦的には難しいですね。

それでも、持ってみたいのがどちらかと言ったら、居飛車の方が多いんじゃないかと思います。

△5六銀の変化

局面を戻りまして、△5五銀に対して、▲4七飛と引いた局面。

ゴキ中に対するポンポン桂

ここで、△4六歩の他に、△5六銀があるといいましたが、その△5六銀とした場合、どういった変化になるか、ですね。

これは、▲同金△同飛と銀と金を交換して、▲4三歩成と攻めに行きます。

後手は、△7六飛と王手して、▲7七桂と受けさせることで、角道を止めます。

他にも受け方はありますが、▲7七桂と受けるのがいい味になります。

ゴキ中に対するポンポン桂

以下、△3六飛と銀取りと飛車成りを見せますが、構わず▲4二とと角を取ります。

△3八飛成の王手飛車は、▲4八歩で意味がありませんので、△4六歩と飛車道を止めます。

▲5七飛と逃げた所で△4二金と、と金を取りつつ飛車成りを防ぎます。

ここで、7筋の歩が切れたことで、▲7四歩と打ちます。

ゴキ中に対するポンポン桂

△同歩と取りますと、▲6五桂と跳ねて玉頭を攻めていきます。

△7二銀など受けても、▲7三歩が厳しいですね。

逃げれば銀を打てますので、△同桂と取るんですが、▲同桂成△同銀で、▲6五桂とまた桂馬で攻めれます。

銀が逃げれば、また▲7三歩ですね。

また、△同桂ではなく、△同銀とした場合は、▲5一角の金・銀取りが受かりません。

なので、△7四歩には、▲同歩ではなく、△3四飛と銀を取ります。

▲7三歩成と成り捨てて、△同桂とした場合は、▲5六角と飛車取りの先手を取りつつ7四歩を打てるようにします。

△同玉には、▲5一角の王手金取りですね。

ゴキ中に対するポンポン桂

これで、居飛車の成功ですね。

と言いつつも、この局面はまだまだ互角です。

評価値も、-20~50ぐらいの間を揺れ動いている感じです。

難しい局面ですが、実戦的には、居飛車の方が攻めやすいと思いますし、居飛車持ちの方が多いんじゃないかと思います。

以上が研究結果です。

後は実践で試してみないとなんとも言えないですね。

今度、ゴキゲン中飛車を使う方がいたら、試してみたいと思います。

その結果もこのサイトでお伝えしますね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*