超急戦拒否から角交換型ゴキゲン中飛車。地下鉄飛車で対抗


将棋ウォーズ10分切れ負けで対局しました。


超急戦にしたかったんですが、断られてしまいました。

なので、ポンポン桂にしようと思ったんですが、すぐに角交換されてしまいました。

角交換型ゴキゲン中飛車

スポンサードリンク

こうなると、標的がなくなるので、攻めにくくなります。

ゆっくりした展開になりますね。

おそらく、相手の方はゆっくり指したかったということじゃないでしょうか。

超急戦を狙ってきたということは、激しい展開が好きってことですから、すぐに攻め込まれる可能性が高くなりますからね。

私の場合は、激しい展開が好きというより、ただ超急戦がしたかったというだけですが。

それは、相手には分からないですからね。指し手から読んでいくしかないですね。

私は持久戦調でも乱戦調でもどちらも好きなので、相手に合わせて、持久戦調にしました。

角交換型ゴキゲン中飛車

相手の方は美濃囲いに組んで、私は金が上がればボナンザ囲いの完成です。

ただ、相手の方が先に囲いは完成したということで、△4四銀と動いて来られました。

飛車先の歩は切られますが、それよりも中央から反撃したいということですね。

飛車先の歩を切らせてくれるとのことですので、遠慮なく▲2四歩と切らせてもらいます。

歩交換して歩ではじいて、▲2九飛と下まで引きました。

下まで引いても、角を打つスキがありませんでしたし、下段の方が飛車の横が通るので、そちらのほうがいいと判断しました。

角交換型ゴキゲン中飛車

銀が4四にいても使えないということで、△5三銀と引きましたね。

ただ手損になるので、どうかということですね。

本来なら、4二銀、5三銀と2手で来れる所を2二銀、3三銀、4四銀、5三銀と4手かかっていますからね。

2手損はさすがに出遅れるのではないかと思います。

取りあえず、銀の行き場所を聞くために▲6六銀と上がってみました。

歩取りなので、銀が動いて受ける必要がありますね。

相手の方は△5四銀とまっすぐ上がりましたね。

5四銀型は破壊力もあって、攻撃的な戦型ですね。

ただ、こちらの陣形も整っていて、銀がこれ以上前に進めませんので、相手からしたら、どう攻め手を作っていくかというのは重要になってきますね。

私としては、特に攻め手もないですし、銀をあがったことを活かすのであれば、地下鉄飛車にするのが一番かなと思ったので、▲7七桂と跳ねて、地下鉄飛車を狙いに行きました。

角交換型ゴキゲン中飛車

地下鉄一本しか考えてなかったので、見えなかったんですが、ここで▲3五歩がありましたね。

桂馬を跳ねたのをとがめて、受けるのも難しいと思います。

なので、受けずに△2一飛と回って、飛車先の逆襲を狙ってどうかという感じだと思いますが、4五桂も残ってて、こちらが指せるのではないかと思います。

スポンサードリンク

それも面白い展開だったと思いますが、私は最初に考え通り、地下鉄飛車にしました。

角交換型ゴキゲン中飛車

取りあえず、歩と香の交換をして、△9四歩と受けてきましたね。

これは地下鉄飛車に対しては良くある筋ですね。

うっかり▲同飛としてしまうと、香車を打たれて、飛車が取られてしまいます。

ということで、▲9九飛とおとなしく引きます。

△9一香と端に足してきましたが、▲9三歩と垂らしました。

放っておけば飛車が走れますので、△同香しかありませんが、▲8五桂と跳ねて香を狙っていきます。

角交換型ゴキゲン中飛車

このときに、いきなり取ったほうがいいのか、それとも香を足したほうがいいのかは迷いました。

elmoはずっと▲3五歩の桂頭を狙うことを推奨していますね。

ただその後の展開は、▲9八香と打っていますので、いきなり取るより足したほうがいいんでしょう。

私も足したほうがいいかなと思ったので、足したんですが、この辺の感覚が合っていたのは嬉しいです。

相手の方は銀をぶつけて来られましたので、銀交換して、端攻め。

角交換型ゴキゲン中飛車

ここは間違いなく▲9一角でしたね。

大駒よりも金駒の方が詰ましやすいので。

銀を打ってしまったのは完全にミスでした。

精算して、飛車成ったときに、△9二香で龍が助からないんですよね。

銀を持っていれば▲8二銀で詰むので問題ないんですが、角なので、8一に逃げられて続きません。

なので、戦線を拡大して、▲6四香と金を狙いにいきました。

角交換型ゴキゲン中飛車

金取りもありますし、将来的に玉の逃げ道がなくなりますので、打っておいて損はないかなと思いました。

また、意外と金取りが受けにくくて、△7一金なら▲6三桂がありますし、△5二金は飛車道が止まるのでやりにくいと思います。

ということで、△9二銀と玉の守りを固くしましたね。

金を取って、▲8五桂ともう一回端攻め。

今度は金を持っていますので、飛車が成れれば一間龍の形になり、詰みますので。

△8四銀と桂頭の銀で受けたんですが、▲7五角とさらに足していきます。

角交換型ゴキゲン中飛車

桂馬取っても角取っても成れますので、△8一桂と端に足してきました。

私は▲8四角と銀を取ってしまって、△同歩に▲8三銀と打ち込んでいきました。

8二金までの詰めろですし、△同銀なら▲9三桂成から端が破れます。

ということで、△8二角と角を打って守ってきました。

ただ、▲9三桂成としたときに、角も桂馬も頭が丸いので、歩打ちが厳しくなってくると思いました。

△同銀は▲9二金で詰んでしまいますので、銀で取ることはできませんからね。

△同桂と桂馬で取ってこられて、すぐに▲8四歩でも良かったですね。

銀を取ったら歩成りが入りますので。

私は▲9二銀成と銀を取ってから、△同玉に▲9四歩と桂馬を狙っていきました。

△8一桂と足してきましたが、歩成でもう一回歩が打てますので、あんまり受けになっていないですね。

角交換型ゴキゲン中飛車

ここで、投了ということになりました。

地下鉄飛車はうまく決まると、一方的に攻めるだけ攻めて終わる展開になるのがいいですよね。

玉を狙っていきますので、相手は手抜くことはできませんので、どうしても受ける展開になると思います。

早指しですと、攻めているほうが有利になりやすいですので、地下鉄飛車はかなり有力なのではないかと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*