NHK杯将棋1回戦 今泉健司四段vs藤井聡太七段の棋譜と結果!ゴキゲン中飛車


NHK杯将棋1回戦の今泉健司四段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

今泉四段はゴキゲン中飛車にしましたね。

藤井七段は超速で対抗しました。

藤井七段vs今泉四段

△7三銀に今泉四段は▲5四歩と仕掛けていきました。

△同歩ですと、▲同飛△6四銀▲5三歩といった展開ですね。

△同金ですと、▲2二角成△同銀▲5三飛成△同銀▲5五角の飛車・銀両取りが決まります。

▲5三飛成に△同玉なら▲7一角の王手飛車ですね。

ということで、取らずに△4四歩と角道を止めます。

歩成って、△同金からは少し落ち着いた展開になりました。

藤井七段vs今泉四段

お互い美濃囲いにして、今泉四段は銀を繰り出して、攻めていきます。

対し、藤井七段は7三の銀を5三に転換して、今泉四段の攻めに備えます。

▲4五歩と仕掛けて、△同歩▲同銀は銀が5段目まで進出できて、攻めの脅威が増します。

なので、△8六歩から反撃していきます。

▲同歩△7五歩▲同歩△7六歩と振り飛車に対する居飛車の攻め筋の1つですね。

飛車先を受けるのであれば、▲5九角ですが、△4五歩が香取りに当たるので、あまり受けにはなっていないですね。

なので、▲5五角と出て、△8六歩▲8八歩で我慢します。

△8七歩は▲9一角成でどっちが速いかですね。

200点ぐらい後手がいいとのことで、しっかり指せば後手のほうがいいみたいです。

ただ、8八歩の時点で、800点ぐらい後手がいいので、評価値自体はかなり落ちます。

藤井七段vs今泉四段

歩成っていって、▲同桂なら△7六歩と桂馬を狙っていき、▲同金は飛車が成れます。

ということで、▲9五角と打っていきました。

ここで、△4六飛という手もあるようで、金を取って、△4七歩と垂らして、攻めきろうという狙いです。

スポンサードリンク

時間のある将棋だったら、藤井七段も指したかもしれないですね。

△7三角と切り返して、角交換。

と金を払って、△5四歩を入れてから、△7六歩と桂馬を狙っていきます。

そこで、再び▲9五角。

桂馬と金を取って、飛車との2枚替えになりました。

藤井七段vs今泉四段

飛車を下ろして、藤井七段も角を打っていきます。

▲同角△同とはと金が近寄って飛車にも当たってくるので、やりたくないですね。

ということで、▲5三角成△同金▲4二銀と攻めていきます。

△同金▲同飛成△5二金打と龍を取ります。

ただ、陣形がバラバラになってしまったのが怖いですね。

今泉四段は攻め手を緩めることなく、攻め続けていきます。

藤井七段vs今泉四段

△同玉なら▲3六金△4四玉▲4五金打△3三玉▲5四飛として、上部が厚くなり、逃げ道がなくなります。

なので、△3三玉と逃げました。

▲5四飛と走って、△7五角の攻防の角。

▲5三飛成を防ぎつつ、△3九銀からの寄せを見せています。

▲6六歩△同角と角の道を反らします。

△同角の前に△5三歩と受けておけば、今泉四段の攻め手を潰せたようです。

時間があれば、藤井七段も指していると思いますが、早指しなので仕方ないですね。

藤井七段vs今泉四段

この受けもさすがですね。

金ではなく飛車で受けることで、▲3二銀成△同飛と龍取りの先手を取ることができます。

馬も効いていて、すぐに攻められませんので、藤井七段が攻める番になれます。

今泉四段は▲4四歩△同角を入れてから、▲3二銀成△同飛▲同龍△同玉▲7二飛と打っていきました。

▲4四歩△同角は藤井七段の攻め手をなくすためですね。

玉に効いていたので、角を下げることで、脅威がなくなります。

藤井七段vs今泉四段

今泉四段の攻めをしのいで、攻め返します。

美濃囲いの弱点の小瓶攻めですね。

玉がどこに逃げても詰むので、▲同金しかありません。

△同歩▲4五香と角を取りにいきます。

藤井七段は△4六金と上から押していきます。

ただ、▲7三角が厳しかったですね。

攻め拠点だった馬を狙われて、藤井七段の攻めが途切れてしまいました。

そこから藤井七段もすごい粘りを見せましたが、今泉四段が正確に寄せきりました。

藤井七段vs今泉四段

上と横から攻められて、受けがないですね。

早指しながらすごい将棋でしたね。

白熱していて、見ごたえがありました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*