角換わりでも糸谷流右玉!組み方と攻め方は?


角換わりが良く分からなくて、elmoに教えてもらおうと何局か対局したんですが、そのときに指してきたのが、糸谷流右玉でした。

糸谷流右玉は、基本的に振り飛車に対する右玉の戦法なんですが、elmoによると相居飛車での将棋でも有力とみているようです。

結構面白かったので、取り上げてみることにしました。

角換わり糸谷流右玉の組み方

まずは、糸谷流右玉の組み方ですね。



スポンサードリンク

相手によって順番や飛車先の歩を突き越す突き越さないなど色々とあると思いますが、だいたいこんな感じですね。

糸谷流右玉

4八に玉を置いて、3八に金をあげます。

相居飛車の右玉の場合、3八に玉を置いて、4八に金を置く場合が多いですが、elmoは4八玉を好んでいましたね。

つまり、振り飛車用の糸谷流右玉ですね。

これが、相居飛車でも通用するということですね。

角換わり右玉での攻め方

では、右玉にした後にどう攻めるのか? というのを見ていきたいと思います。

角換わりに多いのが、手待ち合戦になって、お互い攻め手がなくなる展開ですよね。

それをどう打開していくのか? ということなんですが、飛車先を切らせて逆襲するか地下鉄飛車にするのが有力なようです。

飛車先を切らせて逆襲

まずは、飛車先を切らせてから、逆襲する指し方を見ていきたいと思います。


スポンサードリンク

▲6八銀と引いて、飛車先を切らさせます。

糸谷流右玉

ここで飛車先を切らない場合は、▲6七銀~▲7七桂と駒組みが進んでいきます。

切ってきたら、▲7五歩と桂頭を狙っていきます。

糸谷流右玉

当然取る手もありますね。

△同歩▲7四歩に△8五桂と逃げるんですね。

▲6七銀とあがって形を整えて、一局です。

一歩でも取れれば飛車が取れる形ですので、▲1五歩から歩を取りにいく手もあります。

▲7五歩を△8四飛と受けるのであれば、▲3三桂と跳ねて、△7五歩と取ってくるのであれば、▲7四歩△同飛▲8九飛とまわる展開です。

△6三銀と引いたら、▲9五歩△同歩と端を突き捨てて、▲7四歩△同銀▲9二歩△同香▲9三歩と香を2回叩きます。

糸谷流右玉

取れば、▲7一角なので、どうするかですね。

互角ですが、後手が何か考えないといけないので、少し難しい展開かなと思います。

先手からしたら、無条件で香が取れれば、勝ちですので。

地下鉄飛車

もう1つは地下鉄飛車にする指し方ですね。

elmoはかなり地下鉄飛車が好きで、Ponanza戦でも地下鉄飛車を指していました。

なので、ソフトの推奨する攻め方というよりかは、elmoが推奨する攻め方という感じがします。


あえて、端の位は取らせます。

取ってきた所を地下鉄飛車にして、逆襲するんですね。

糸谷流右玉

端の位を取らなくても、地下鉄飛車にしてきたりもしたので、相当有力な戦法だとみているんだと思います。

これで、あの最強のPonanzaも破っているわけですし、試してみる価値は十分あるのではないでしょうか。

Ponanzaに対して、elmoが地下鉄飛車にした対局はこちらです。

Ponanza vs elmo

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*