嬉野流の浮かむ瀬流対策!雁木美濃?を試してみた。


将棋クエスト5分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が先手です。

相手の方は嬉野流と呼ばれる戦法ですね。

嬉野流

引き角にして、4二の銀を斜め一直線に進めて、飛車・角・銀で攻め潰そうという戦法です。

低い陣形で戦えるので、スキも少ないですし、さばきあえれば、成功という戦法です。

攻め方が分かりやすいですし、時間の短い将棋ではより有効的ですよね。

相手が知らなければ、攻め潰すことができますので。

ということで、こちらとしてはさばかせないように指すのがいいのかなと思います。

嬉野流は、浮かむ瀬で検討したことがあるので、その浮かむ瀬が推奨していた指し方で対応してみました。

まずは、上の画像の局面で、▲2四歩から一歩交換します。

嬉野流は、低く△2二歩と受けて、よりスキをなくしていきます。

こちらは、▲5四飛と横歩を取りにいきます。

嬉野流は序盤の一歩損は問題ないという考えですので、この一歩損は想定済みです。

嬉野流

elmoによると、玉は右側に囲っていくほうがいいようです。

美濃囲いにするわけですね。

左側から攻めてくるので、玉は攻めから遠い右側に持っていったほうが攻められにくいということだと思います。

△6四銀と斜め棒銀を目指してきますが、▲2五飛と飛車を中段に引きます。

これで、銀が出るのをけん制するんですね。

△7四歩と一歩交換を狙ってくるので、▲6六歩と銀を前に出られるにして、角頭を守ります。

△7五歩▲6七銀△7六歩▲同銀とすれば受かります。

嬉野流

スポンサードリンク

これ以上、攻め手はないですね。

△7五銀と銀をぶつけてきても、▲同銀△同角▲同飛と2枚替えになってしまいますので、ぶつけることはできませんので。

△7五歩と打ってきましたが、▲6七銀と引いておいて問題ないですね。

これで銀が出ることができませんので、攻めるのが難しいかなと思います。

elmoは、この局面で、500点ぐらい先手がいいとのことで、作戦勝ちだと思います。

ただ、ここから指し手が難しいですね。

elmoは、陣形を変形させていって、相手にスキができるのを待っているような指し方でしたし。

的確にとがめられればいいですが、ソフトでないと難しい指し方な気がします。

特に時間のない将棋ですと、より難しいですね。

私はなんとか端から破れないかと端から行ってみました。

嬉野流

ここはたんに▲1三香成のほうが良かったですね。

△同歩に▲2三桂と打てば、香が助けにくいので。

△同歩は▲同歩成△同金▲同飛成で勝ちなのでできませんから、香が助けにくいですね。

△2一玉▲1一桂成△同玉はさすがにやりにくいと思いますし。

それに対しては、▲2六香と上から押して行っていけそうです。

△4一玉と逃げるのであれば、桂成が入るので、かなり指しやすい展開でした。

飛車まわったせいで、分かりにくい将棋にしてしまいました。

嬉野流

ここも攻め合うべきでしたね。

▲2九歩は全く意味がなくて、銀取られてから、飛車成られるだけですので。

こういうとこに手がいくのはダメですね。

嬉野流

これも謎の一手ですね(苦笑)

何も効いてないのでタダなんですが、龍が逃げてくれて、助かりました。

もしかしたら、クリミスと思って見逃してくれたのかもしれませんが。

嬉野流

懲りずにもう一回(失笑)

相手の陣に飛車がいると龍と間違えるんですよね。

ただ、龍だったとしても、これで迫っているかというと迫ってないのでダメですね。

結局、時間なくて負けてしまいました。

やっぱり、中盤で時間を使いすぎたのがダメでしたね。

もっと速く指せるよう頑張りたいと思います。

嬉野流の対策については、こちらにまとめてありますので、よければご覧ください。

嬉野流の4つの対策

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*