藤井聡太七段vs増田康宏六段の棋譜速報!第1回 AbemaTVトーナメント決勝トーナメント 1回戦2局目


第1回 AbemaTVトーナメント決勝トーナメント 1回戦2局目の藤井聡太七段と増田康宏 六段の棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりましたね。

藤井七段vs増田六段

棋聖戦第5局の羽生棋聖vs豊島八段で、豊島八段が指したような△4一飛ですね。

棋聖戦では、4二玉のときに飛車が周っていましたので、少しだけ形は違いますが、狙いはほとんど同じだと思います。

つまり、4五の地点を受けたわけですね。

羽生棋聖は▲4五歩と仕掛けていきましたが、藤井七段は▲7九玉と固めます。

4二玉ではないので、その違いもあったと思います。

そこからは、増田六段は動かず、藤井七段が攻めてくるのを待ちます。

藤井七段vs増田六段

藤井七段も4筋に飛車を周って、攻めにいきます。

スポンサードリンク

△同歩▲同桂△4四銀▲4六歩に、△4三銀と引いて、▲2九飛と戻って、銀が退いたので2筋から攻めていきます。

増田六段も4筋に飛車がいても、あまり使い道がありませんので、8筋に戻って反撃の準備をします。

藤井七段vs増田六段

▲7五歩と桂頭を狙い、△9二角と角を使わせて受けさせることに成功します。

そして、▲1四歩△同歩▲3三歩△同桂に、▲1四香と走ります。

△同香なら▲2四歩と合わせて、△同歩▲同飛として、香取りを受ければ▲3四歩△4五桂▲同歩△同銀▲1一角といった攻めがあります。

なので、▲2四歩に△1八香成としてどうかですね。

その展開も面白かったと思いますが、増田六段は△4二玉と早逃げして、飛車の横利きを通して香取りを受けます。

▲1九飛と周って香を取ります。

藤井七段vs増田六段

増田六段も桂馬を取って、△4六歩と反撃。

▲同銀に△3八角成。

▲4四歩とついて、△同銀なら▲5四角の狙いですね。

▲5四銀としましたが、△5五銀▲同銀と銀を捨てて▲5四角。

飛車を取られても金を取られても厳しいですね。

増田六段は△4四銀と拠点を払い、藤井七段は飛車を取ります。

藤井七段vs増田六段

△4七馬と詰めろをかけました。

△6九金▲同飛△5七馬▲5九玉△4八銀までですね。

ただ、▲3二香成から詰みということで、藤井七段の勝利となりました。

藤井七段vs増田六段

投了図以下、△4二玉▲5一銀△同玉▲3一飛成△4一歩▲4二金△6一玉▲4一龍までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*