朝日杯 澤田真吾六段vs藤井聡太四段の棋譜!角換わり腰掛け銀vs早繰り銀


朝日杯将棋オープン戦本戦の澤田真吾六段と藤井聡太四段の対局です。

藤井四段と佐藤名人の前の対局ですね。



スポンサードリンク

本局は、角換わりになりました。

藤井四段と澤田六段は過去に2回戦っていますが、どちらも角換わりでまた角換わりになりましたね。

さすがに変えてくるかと思いましたが、かなりのこだわりを感じます。

ただ、藤井四段は腰掛け銀にはせずに早繰り銀にして、攻めにいきました。

藤井四段vs澤田六段

早繰り銀に対しては、▲2四歩△同歩▲2五歩という継ぎ歩の手筋もあります。

△同歩▲同飛は、桂・銀取りの十字飛車が決まって、先手の勝ちになります。

なので、△7六歩~△8六歩と攻めてどうかですね。

スポンサードリンク

これはこれで一局の難しい将棋です。

澤田六段はその展開にはせず、▲4五歩△同歩▲同桂と桂馬を使って攻めにいきました。

銀より桂馬の方が速いということで、攻め合いなら勝つという主張でしょうか。

△4四銀と逃げて、▲2四歩△同歩▲2二歩。

藤井四段vs澤田六段

△同金とさせて、形を悪くさせる狙いですね。

ただ、藤井四段は取らずに△4五銀と桂馬を取っていきました。

▲同銀△4七歩と叩いて、▲同金なら△3八角の両取りが決まります。

歩は取れないということで、▲3八金とよりましたが、△4六桂が厳しいですね。

歩を取れば角を打たれますし、▲3七金も△4八角ですね。

▲3九金と引けば、△3七角からと金を作って、一方的に攻められてしまいます。

なので、金は諦めて、▲6八玉と逃げましたね。

△3八桂成が飛車取りの先手で、▲2四飛と逃げますが、△7六歩と7筋から攻められて、苦しい展開になりました。

藤井四段vs澤田六段

ここで、澤田六段の投了となりました。

さすがにこうなってしまうと、どうしようもないですね。

受けるしかありませんので、一手一手になりそうです。

藤井四段が先に攻めて、澤田六段を慌てさせて、うまくスキをついたような感じでしたね。

キレイに決まってしまい、澤田六段も何もできずじまいになってしまいました。

少しでもミスしたら、全く許してもらえないですね。藤井四段強すぎます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*