羽生善治竜王と佐藤天彦名人の棋譜と結果!名人戦第3局・角換わり腰掛け銀


第76期名人戦七番勝負第3局の羽生善治竜王と佐藤天彦名人が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は角換わりになりましたね。

最近は早繰り銀も流行ってきていますが、相腰掛け銀になりました。

羽生竜王vs佐藤名人

佐藤名人は6筋の位を取り、羽生竜王は9筋の位を取りました。

6筋の位を取るのは、4八金型に対して良くある手ですね。

△6四角と据えて、△7五歩から仕掛けていきました。

▲同歩△同角は金に当たってくるので、何か受ける必要があり、少し形を乱すことができます。

羽生竜王は▲5六歩~▲5七角と打って受けました。

羽生竜王vs佐藤名人

今度は反対に▲3五歩。

同じ形なので、同じ攻めが通用します。

△5三角と引いて羽生竜王と同じ様に受ける手もあったと思いますが、△同歩と取っていきました。

スポンサードリンク

羽生竜王vs佐藤名人

佐藤名人は角を引いて銀を上げました。

▲7四歩も見えますが、△7五歩▲7三歩成△7六歩▲同金という展開です。

桂・銀交換ですが、と金が残っていて、先手も十分指せます。

ソフト評価値的には500点ぐらい先手がいいとのことです。

なので、十分その展開も考えられたと思いますが、羽生竜王はじっと▲5八金。

△8四飛と佐藤名人も受けました。

羽生竜王vs佐藤名人

ただ、佐藤名人から△7四歩と合わせて、▲同歩△7五歩の展開にしていきました。

かなり危険ですが、ここで動かないと悪くなるという判断なんでしょう。

羽生竜王vs佐藤名人

さらに、佐藤名人は金を狙っていきます。

▲7七金なら△7六銀と打っていくと思います。

そこで、▲7四とと引いて、△同飛▲8五金と飛車取りの先手を取りつつ逃げることに成功しました。

さらに、▲2六桂から銀も取りました。

羽生竜王vs佐藤名人

羽生竜王は金銀で追い詰め、佐藤名人は△5一角のギリギリの受け。

次の▲7七桂が厳しすぎますね。

▲6二銀打△同角▲同金の詰めろで、飛車取りにも当たっているので、どうしようもありません。

羽生竜王vs佐藤名人

ここで、佐藤名人の投了となりました。

以下、△7一金▲7三桂不成△7二玉▲8三角△7三玉▲8四銀△同玉▲9四角成△7五玉▲8四飛成までとなります。

かなり激しい展開になりましたが、羽生竜王が取りましたね。

すごい楽しい将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*