【叡王戦八段予選】橋本崇載八段vs豊島将之棋聖の棋譜と結果!角換わり腰掛銀


第4期叡王戦段位別予選八段戦の橋本崇載八段と豊島将之棋聖が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛銀になりました。

豊島棋聖vs橋本八段

橋本八段は▲2五歩を決めましたね。

2五桂と跳ねられなくなるので、損する場合もありますが、2五桂と跳ねる方針ではないということですね。

豊島棋聖は後手番なので、橋本八段の様子を伺います。

豊島棋聖vs橋本八段

▲8八玉に対して、豊島棋聖が△6五歩と仕掛けていきました。

▲同歩なら△同桂▲6六銀△6四歩として、飛車先交換できるようになります。

橋本八段は▲6九飛と回って、飛車で受けました。

豊島棋聖vs橋本八段

橋本八段は▲5一角と打って、攻めていきます。

△7二金▲4五桂と跳ねて、△4二銀で角が取られてしまいますが、守りの銀がなくなったので、▲2九飛と戻って、2筋から攻めます。

豊島棋聖vs橋本八段

飛車先交換している間に、△7五歩から反撃。

▲同歩は△7六歩で銀が取られてしまいますので、▲6七銀と引きましたね。

スポンサードリンク

豊島棋聖は△5五角打とさらに足していきます。

▲2二歩△同角と下げて、▲2三飛成。

△8六歩から豊島棋聖が攻めていきます。

豊島棋聖vs橋本八段

8筋にくさびを入れて、6筋に回ります。

▲5三桂成△同金と金を引っ張り上げて、▲5六銀と角に当てます。

角が逃げれば、▲3二銀から攻めていく狙いでしょう。

豊島棋聖は△6二飛と引いて、3二銀を受けます。

▲5一銀と飛車を狙って、△7七角成▲同桂△3二銀と龍取りに当てましたが、▲4二角から角銀と飛角の交換。

龍も中に入って、橋本八段の攻めが成功した形ですね。

後は大駒を使って、一気に攻めていきます。

豊島棋聖vs橋本八段

悪くなっても、受けが強い豊島棋聖ですので、まだまだ分からないですね。

龍2枚を端に追いやって、玉を安全にします。

後は△7六歩から桂頭を攻めて、なんとか反撃の糸口を作ります。

豊島棋聖vs橋本八段

橋本八段の玉を丸裸にして、一気に怖い形になりました。

▲3二桂成△同銀▲3一銀△5二玉▲4一角と攻めていきます。

△同玉は▲7一龍から詰みとなりますので、△6二玉と逃げるしかなく、▲3二龍と迫っていきます。

豊島棋聖vs橋本八段

ここで、▲6四香△同金▲5三銀打△6三玉▲6一龍△7四玉▲6四銀成△8三玉▲8一龍△8二金▲7四金△9三玉▲9二金△同金▲8四龍までで詰みとなります。

ただ、早指しですし読み抜けもあったら大変なので、詰ますよりも確実に寄せたほうがいいですね。

ということで、橋本八段は▲5一銀打△6三玉▲6一龍△7四玉▲5三銀不成と迫っていって、豊島棋聖の投了となりました。

橋本八段が先手番ながら豊島棋聖に攻めさせて反撃させる構想で、角を捨てての攻めが素晴らしかったですね。

かなり面白い角換わり戦でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*