角換わり腰掛け銀に対する4五桂急戦を実践で試してみた


角換わりの戦いになったので、研究した4五桂急戦を試してみました。


最初は横歩取りの展開で、相手が横歩取りは嫌われて、角換わりになりました。

将棋ウォーズでは、なぜか得意戦法が横歩取りということになっているので、相手の土俵では戦いたくないということでしょうか。

実際、横歩取りが得意なのかと言われると、微妙な所なんですけどね。

ま、嫌いじゃないですが…

まだ知らない変化が多すぎて、何とも言えません。

それはさておき、角換わりなら研究した4五桂急戦が試せると思ったので、大歓迎。

角換わり4五桂急戦

スポンサードリンク

相手は腰掛け銀を明示されましたので、こちらは、▲3六歩~▲3七桂と跳ねて、4五桂急戦の準備。

ただ、4五桂急戦は棒銀でも早繰り銀でも何でもできますので、何をされても、4五桂急戦で行くつもりでした。

20手目△4二玉。

角換わり4五桂急戦

銀よりも玉を先に急ぎましたね。

ここで行けるのかどうか。

迷ったんですが、結果的に行かなくて正解だったようです。

行っていた場合は…

▲4五桂△2二銀▲2六角△5二金という展開が1つ。

角換わり4五桂急戦

ちょっとこれですと、桂馬跳ねた意味があんまりないですよね。

攻め筋があるのかというと、特にないですし。

もう1つの展開は、△2二銀のときに、▲2四歩△同歩▲6六角△4四角とする展開。

角換わり4五桂急戦

こちらは研究した手順ですね。

ここで、▲2四飛と走るんですが、△6六角▲同歩△4四歩で苦しいですね。

銀が5四にいるのであれば、▲4五桂と跳ねる前に、△3五歩▲同歩と突き捨てて桂馬が飛んで、▲2四歩△同歩▲同飛としておけば、△4四歩は飛車で取れるんですけどね。

角換わり4五桂急戦

こういった感じですね。

このときに△2三歩などであれば、▲5四飛△同歩▲5三角で攻めがつながります。

ただ、本譜は5四銀と腰掛けていないので、それができないんですよね。

ということで、手待ちの意味も込めて、▲4六歩としたり、端歩を突いたりしました。

28手目△7三桂。

スポンサードリンク

角換わり4五桂急戦

逆に相手から△6五桂とされたらイヤなので、ここで▲4五桂と行きました。

正直、行けるかどうか分からなかったんですが、タイミングは良かったようです。

角換わり4五桂急戦

ここまでは研究手順ですね。

△6六角▲同歩△4四歩というのが研究の流れだったんですが、相手はここで、△2三銀と銀が上がられました。

壁銀の解消+3四の歩も守ってて、味の良い一手ですね。

私は、▲2九飛と引いたんですが、ここは▲同飛成で良かったようです。

△同金の一手ですが、▲2四歩と叩きます。

△同金ならば、▲2二銀と打って、桂香を拾いに行きます。

角換わり4五桂急戦

△同角は▲同角成がありますので、できませんから桂香が助けにくいですね。

また、後手としては飛車はありますが、先手に打ち込む隙が少ないので、手が作りにくいです。

ということで、これで先手が指せます。

▲2四歩と叩いたときに、△同金ではなくて、△2二金と引いた場合。

角換わり4五桂急戦

▲7五歩と突きます。

△同歩なら、▲5五銀△2六角▲6四銀△同銀▲2二角成と進みます。

角換わり4五桂急戦

金を取って角が成りつつ、▲7四歩と桂頭を攻める手も残っていて、先手が指せる展開です。

また、▲7五歩を無視されたら、そのまま取り込んで、先手が指せます。

本譜は△2三銀に対して、▲2九飛と引いて、穏やかな展開にしました。

角換わり4五桂急戦

これで、こちらも特に手はないので、手待ちですね。

40手目、△5四銀。

角換わり4五桂急戦

ここで腰掛けてきましたね。

狙いは、△5五銀から角を取ることなので、そうさせる前に動く必要がありますね。

▲5三桂成△同玉▲4四角△同歩と動きました。

どちらから行くか迷ったんですが、どっちから言っても、変わらないでしょうね(笑)

そして、△5四銀を咎める意味でも、▲7五歩。

角換わり4五桂急戦

銀がいなくなったので、桂頭を狙いました。

▲2二歩△同金▲3一角みたいな手も考えたんですが、あんまり決まらなそうなので、こっちにしました。

結果的にこれで合っていたようです。

後はと金を作って攻めていく感じですね。

角換わり4五桂急戦

ただまぁ、この局面は▲8六歩と桂馬を取りにいったほうが良かったようです。

確かに、2枚も桂馬が効いてて怖いですしね。

早めに火種は消しておくことに越したことはないですよね。

本譜は攻め潰そうと、▲8三角と金取りを見せつつ馬を作りに行きました。

後は流れでって感じですね。

時間もなくて、最後は残り1分を切ってて、かなり焦っていましたが、なんとか詰みまで持って行けて良かったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*