都成流から居玉のまま大乱戦【超力戦将棋】


将棋ウォーズ3分切れ負けにして、対局しました。



スポンサードリンク

私が後手です。

飛車先を突いてきたので、都成流にしてみました。

都成流は勝率も高いですし、かなり好きな戦法です。

都成流

相手の方は、▲8六歩と8筋に飛車をまわって攻める狙いですね。

ここでどうしようか迷いました。

とがめにいくのであれば、△8二飛ともう一回戻るのもあると思いましたし、△3二銀と引いて飛車先を伸ばしていくのもあると思っていました。

ただ、せっかくまわった飛車もあがった銀も戻すのはあまりしたくないので、△3五歩と伸ばして△3四銀とあがっていくことにしました。

ソフトは、△3二銀と引いて、飛車先を伸ばしていくことを推奨していました。

都成流

ここもどうしようか迷いました。

たんに取るのか、△7二金とあがるのかですね。

△同歩▲同飛は3四の銀にあたってくるので、受ける手が必要になります。

なので、△7二金とあがって受けることにしました。

ソフトも△7二金を推奨していて、ここは合っていたようです。

そこからは飛車を追っていって、浮き飛車をとがめにいきました。

都成流

相手からは、7筋の歩を伸ばされまして、と金を作る狙いですね。

ただ、玉頭ですし、銀が進出できればこちらも指せると思っていたので、△同銀として、玉頭を狙っていきました。

そこから角と銀をさばくことができ、玉を引っ張り上げることにも成功しました。

スポンサードリンク

都成流

こちらは居玉のままですし、こちらがいいとは思ってませんでした。

どう指していいか分からないので、△6五角と取りあえず王手して、と金を払おうかなと思っていましたが、▲7六角と合わせられて、あんまり意味はなかったですね。

強いて言うなら、一手分時間を稼げたという所でしょうか。

3分切れ負けみたいな超早指しは時間もかなり大事になってくるので、時間を稼げるような手も重要かなと思っています。

また角交換した後は、△8六歩と叩いてみました。

▲同玉なら△8八角と打とうかなと思っていましたが、▲7七角と合わせられて、△同角成▲同玉であまり意味がなかったかもしれません。

△6五角を打って角合わせられたこともマイナスになっていて、あまり良くないですね。

ただ、▲8八玉と引いてくれたので、△8七角と打てて、攻められるようになりました。

都成流

とは言え、全然簡単じゃなく、かなり固められてしまいました。

ここもどうしていいか分からず、△8六歩と取りあえず叩いてみました。

このままじゃ攻められそうにないので、△1四歩と飛車を取りにいきました。

▲5五歩と逃げ道を作りましたが、△5六歩と逃げられないようにして、飛車を取りました。

都成流

と金を作ることもできて、攻めやすい状況にできました。

ただ、残り時間が30秒ぐらいで時間的にかなり厳しい状況でした。

都成流

△9九飛成で詰みでしたね。

金叩いた効果もあって、良かったんですが、時間がなくて気付かず、△7七銀不と桂馬を取って金を取りにいきました。

▲8七歩と金を支えられましたが、△8六銀成▲同歩△8五銀。

都成流

これで寄りですね。

▲同歩は△8六金で詰みなので、▲9七玉と引きました。

それでも、△8七金で詰んでいたんですが、残り5秒しかなく見えなくて、△8六飛成▲9八玉△8八金としました。

最後は全く時間がなく、かなり焦っていました。

居玉のまま暴れまわって、さすがに苦しいと思っていましたが、なんとかまとめられて良かったです。

都成流の定跡

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*