佐藤天彦叡王vsポナンザの棋譜と検討


昨日行われた第2期電王戦二番勝負第一局を振り返っていきたいと思います。



スポンサードリンク

ついに名人をも凌ぐ強さになってしまいましたね。

いつか来るとは分かっていましたが、やっぱり残念です。

とは言え、まだ第一局。

もう一局ありますからね。

それに佐藤名人が今度は先手番になるので、勝機はまだまだあるでしょう。

電脳戦の第二局は、5月20日と一ヶ月以上ありますから、対策もしっかり練られるのではないかと思います。

ただ、名人戦があったりとハードスケジュールなので、どこまでできるかは心配な所ではありますが。

検討

それでは、検討していきたいと思います。

まずは、ポナンザの初手、▲3八金。

佐藤天彦叡王vsポナンザ

いきなり難しい手から飛んできました。

これはもう△6二玉として、新米長玉で対抗するしかないですね。

佐藤叡王は、そういったことはせずに、△8四飛と飛車先を突きました。

ごく自然な手ですね。

歩得vs手得どちらが有利なのか?

そこからは相掛かり模様になって、19手目▲3六歩。

佐藤天彦叡王vsポナンザ

これを咎めるのであれば、▲8六歩△同歩▲同飛△8七歩▲3六飛と取ってしまう手ですね。

佐藤叡王もその手を選んだんですが、その分、手損するのでどうかといった感じですね。

歩得と手得はどっちが大きいのか?

浮かむ瀬は、どちらも言えないようで、△3六飛と△8四飛と引く手と両方とも言っています。

ただ、最終的には△8四飛を推奨していたので、歩得よりも、手損するデメリットの方が大きいと見ているようですね。

とはいえ、どちらの展開になっても、評価値はほとんど変わらず、互角なので、どちらも指せるんだと思います。

スポンサードリンク

中盤の攻め筋

そこからは駒組みが進んで、42手目に、佐藤叡王が△7五歩と突き捨て、▲同歩として、開戦。

佐藤天彦叡王vsポナンザ

ここからどう攻めるのか?

浮かむ瀬もかなり迷ってて、色んな手を言っています。

候補手では、△8五角△5四角△8八歩△7二金ですね。

△7二金は、守りの一手ですし、△7五歩自体が無理筋だったと認めるような手ですので、ちょっとやりたくないですよね。

なので、残り3つなんですが、こちらをちょっと見ていきたいと思います。

△8五角

佐藤天彦叡王vsポナンザ

これは、銀の動きに制限をかけるよりも、銀を取ってしまおうという一手ですね。

▲8六歩とした場合は、△6七角成に、▲同金は△8六飛が厳しいので、▲同玉の一手ですが、それでも△8六飛と走って、後手が指せるようです。

なので、△8五角には▲2九飛と引いて、△7五銀▲8六歩と突きます。

同じように、△6七角成▲同玉なんですが、このときに△8六飛としても、今度は桂馬にヒモがついているので、▲5八玉と引いておいて問題ないようです。

△8六飛に変えて、△8六銀なら、▲4五桂と攻めていくようです。

飛車先が重くなっているのがネックですね。

△5四角

続いて、△5四角ですね。

佐藤天彦叡王vsポナンザ

△8七角成▲同金△同飛成が入ったら終わりなので、これを受ける一手ですね。

意外と受けるのが難しいと思いきや、▲7七桂というすごい受けがあるようです。

△8七角成なら、▲8五歩でいいということですね。

なので、△7六歩▲6五桂と桂馬を退かすんですが、角の道が歩と桂馬の両方で塞がれていて、攻めにくいです。

△8八歩

そこで、△8八歩。

佐藤天彦叡王vsポナンザ

▲同金の一手ですが、ここで、△5四角と打つわけですね。

今度、▲7七桂としても、△8七角成が金取りで入ります。

そこで、▲8五歩として、互角みたいです。

▲7七桂に変えて、浮かむ瀬は▲8六角を推奨しています。

飛車先を受けつつ、銀も出られないようにする一手ですね。

ただ、角の使い勝手が悪いので、このまま使えないようにすれば、後手がよくなりそうな展開ですね。

本譜は、佐藤叡王が△9五歩と端攻めを見せたんですが、それがうまく行かなかった感じでしたね。

ソフト相手ですと、うっかりがないので、逆転が望みにくいのが難しいですよね。

一度離されると、そのまま持って行かれるので、どうずっとついていくか? これが重要になってくるような気がします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*