【八代 弥六段vs藤井聡太七段の棋譜と結果】第49期新人王戦トーナメント戦


第49期新人王戦トーナメント戦の八代弥六段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は、角換わりになりましたね。

藤井七段vs八代六段

相腰掛け銀ですね。

藤井七段は6五歩と位を取りました。

2九飛・4八金型にはよくある手ですね。

6四角と据えて、飛車の頭を睨んで攻めにくくすることもできます。

八代六段は、▲6六歩と拠点を消しにいきました。

△同歩▲同銀で飛車先を交換されてしまいますが、それよりも6五の位取りがイヤということなのでしょう。

藤井七段vs八代六段

藤井七段も腰掛け銀にして、八代六段は▲6四歩と打ちました。

なにか取れば、6三に打っていくこともできますし、5四の銀が退いたときに▲6三歩成△同金▲7二角といった狙いもありますね。

藤井七段vs八代六段

お互い飛車先交換して、藤井七段が△4六歩と打てば先後同型ですね。

藤井七段は△4七歩と直接打っていきました。

▲同金は△3八角ですね。

▲同銀は△6五歩▲7七銀△5五銀左と出て、6四の歩を払えます。

ということで、▲3八金。

△9三角と銀取りで打って、▲7五歩△6五歩▲6三歩成△同金▲7七銀と引きました。

スポンサードリンク

藤井七段vs八代六段

八代六段は▲1五歩と端から手をつけていきます。

△同歩なら▲9五歩でしょうか。

両端から手をつけていくと思います。

藤井七段は相手にせず、△7五角。

▲1四歩△1二歩と受けて、▲4五歩△3三銀▲4七金と歩を払います。

藤井七段vs八代六段

桂馬を跳ねて端攻めを見せていき、▲2二歩。

△同金なら壁金の形にできます。

▲4四角から3筋の攻めもありますね。

藤井七段は△4六歩▲4八金として、△3三桂から桂馬をさばきます。

八代六段は▲3四歩△同銀▲2一歩成△同飛に▲8三角から馬を作ります。

藤井七段vs八代六段

その後、角交換になり、▲7四歩。

△同金は▲5二角の金銀両取りですね。

△8五桂は▲7三角がイヤだったのでしょうか。

それでもソフトの最善は△8五桂でしたが、△3六桂と攻め合いにいきます。

▲7三歩成~▲7四と、と引っ張って、5二角を狙っていきます。

とはいえ取らないと金がただで取られて、と金も残ってしまうので、△同金。

藤井七段vs八代六段

金を取らせて、△6三金と受けます。

馬が逃げるのは一手パスなので、△4七歩成から藤井七段の手番になります。

▲5二金で八代六段が良かったようですが、▲3五歩と打って、藤井七段に流れが傾きました。

△4七歩成から一気に藤井七段の番になりました。

藤井七段vs八代六段

馬も作って攻めにいき、八代六段も▲3五桂からなんとか攻めます。

△4三銀打と藤井七段は受けます。

取られてしまいますが、余しているという判断ですね。

藤井七段vs八代六段

△6六桂で八代六段の投了となりました。

かなりギリギリでしたが、見事に藤井七段が受けきりましたね。

すごい激しい将棋で見応えありました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*