【第1回AbemaTVトーナメント予選】近藤誠也五段vs藤井聡太七段の棋譜と結果!角換わり


第1回AbemaTVトーナメント予選の近藤誠也五段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりました。

藤井七段は腰掛け銀にして、近藤五段は早繰り銀で仕掛けていきました。

藤井七段vs近藤五段

すぐに▲3五歩は△同歩▲同銀△8六歩▲同歩△8五歩でどうかですね。

▲同歩△同飛は銀・桂の両取りがかかります。

なので、▲2四歩から攻めあって、激しい展開になります。

近藤五段は、▲6九玉と寄りましたね。

▲6八玉が自然ですが、この違いがどう出るでしょうか。

藤井七段vs近藤五段

藤井七段は一度銀を追い返して、近藤五段はしっかり固めます。

7九玉までこれば、6八でも6九でもそこまで変わらないかもしれないですね。

その後、攻め手を作り、藤井七段も桂が跳ねて反撃。

▲7六銀は角成りが入ってしまうので、6六銀か8八銀ですね。

スポンサードリンク

ただ、▲8八銀は△8六歩▲同歩△3七歩という手があるようです。

▲同飛は△5五角が受けにくいですし、▲同桂は△8六飛が銀取りに当たります。

なので、▲6六銀のほうがいいようです。

近藤五段は逃げずに▲6六歩。

銀・桂交換で済ませてしまって、攻め筋を作っていきます。

藤井七段vs近藤五段

銀交換して、歩を打っていきます。

△同金は▲7二銀の両取りもありますし、▲6四歩もあります。△同金に▲7三角の狙いですね。

藤井七段は△同銀として、▲6四歩。

取れば▲7二角ですね。

なので、△5四銀とかわして▲6三銀。

△6七銀から藤井七段も攻め返します。

藤井七段vs近藤五段

玉を引っ張り上げることに成功しました。

ここで▲6五角としたほうが良かったようですが、▲6五金として△4三玉と安全な方に逃げられてしまいました。

▲3五桂から迫っていきますが、捕まりません。

藤井七段vs近藤五段

桂頭の玉寄せにくしで、▲6六金と手を戻します。

ただ、△8七桂を決めて飛車を取られて、飛車で攻められます。

藤井七段vs近藤五段

玉を引っ張り上げて、お互いの玉が接近しました。

藤井七段は△5五角と切っていって、▲同玉△5四金。

その後もずっと王手王手で迫っていきます。

藤井七段vs近藤五段

最後に馬を取って、近藤五段の投了となりました。

△3七角▲同歩△同銀不成の詰めろなので、3七に銀か角か打つぐらいですが、一手一手ですね。

藤井七段の玉が安全で迫る手がないので、防戦一方になってしまいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*