【王位戦第5局】菅井竜也王位vs豊島将之棋聖の棋譜と結果!向かい飛車


第59期王位戦七番勝負 第5局の菅井竜也王位と豊島将之棋聖の棋譜です。



スポンサードリンク

菅井王位が先手番中飛車の出だしから、向かい飛車にしましたね。

居合抜き超速を嫌った可能性もありますね。

豊島棋聖は角道を開けずに左美濃にします。

豊島棋聖vs菅井王位

△7四歩に対して▲7八飛と回ります。

角頭を狙われているので、次に△7五歩▲同歩△7二飛と動いてくる手もあるので、予め受けましたね。

ここで、△7五歩▲同歩△7二飛であれば、▲6六角とあがっておいて、問題ないですね。

△3四歩と角道を開けました。

▲2二角成△同玉▲7五歩もありますが、△7四歩▲7八飛△8五歩と伸ばされて、▲7七角や▲8八飛で受けないといけないので、あまり得していないですね。

ということで、▲6六歩と角道を閉じます。

そこから、駒組みをし合って、銀冠までいきます。

豊島棋聖vs菅井王位

△2五歩▲同歩を入れて、△6五歩。

▲同歩は△9九角成が入りますね。

スポンサードリンク

▲5五歩と角道を止めて、△2五桂▲2六角△5五銀▲4四角△同銀と角交換になります。

▲2六歩と桂馬を取りにいって、△6六歩と取り込みます。

▲同金は△8八角が飛車金両取りになってしまいます。

▲6九飛で受かりますが、飛車先が重くてあまりいい形ではありません。

なので、▲5七金とかわしまして、△8八角から馬を作っていきます。

豊島棋聖vs菅井王位

▲2五歩と伸ばして、△2四歩から位を取り返しにいきます。

▲同歩△同銀として、▲2五歩なら△同銀と取って、▲3七桂で銀が取れますが△2六歩で銀交換になるので、そこまで悪くないですね。

なので、▲2六歩と収めましたね。

銀を吊り上げて、銀冠にできなくなったので、十分ということでしょうか。

△2三歩としましたが、▲2五歩△同銀▲3七桂と今度は銀を取りにいきました。

歩を売ったので、今度は2六歩はないですね。

△2四香として、銀桂交換。

銀取りが残っていて、歩がないので、▲2六桂と桂馬で代用しました。

桂馬を取って、△5四桂。

▲1九飛と地下鉄飛車にして、どっちが速いかですね。

豊島棋聖vs菅井王位

この▲2四歩が痛かったでしょうか。

△4五馬にかえて、△2四桂と敵の打ちたいところに打てと玉に迫りつつで、難しかったようです。

▲2四歩は△同歩しかないですが、▲2三歩と垂らされて、△3三銀と引きましたが、銀を取られて、▲1一香成が入ります。

豊島棋聖vs菅井王位

▲8三角~▲6一角成で玉は包み込むように寄せよで、退路をなくします。

後は豊島棋聖が王手をかけていきますが、寄らなくて投了となりました。

豊島棋聖vs菅井王位

菅井王位の構想がすごくて、豊島棋聖も粘れませんでしたね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*