藤井聡太六段vs古森悠太四段の成績とレーティング!棋王戦予選の中継と日程


第44期棋王戦予選にて、藤井聡太六段と古森悠太四段の対局が行われます。

藤井六段は牧野五段に勝ち、古森四段は北浜八段に勝っての2回戦となります。

次の対局相手はすでに決まっていて、大石七段となります。

スポンサードリンク

成績とレーティング

藤井聡太六段

成績:61勝12敗(勝率:83.5%)
レーティング:1830
順位:5位

<戦型選択>

居飛車:98.6%
 矢倉:11.1%
 角換わり:19.4%
 横歩取り:6.9%
 相掛かり:13.9%
 力戦:15.3%
 対抗系:31.9%

その他:1.4%

古森悠太四段

成績:6勝3敗(勝率:66.6%)
レーティング:1599
順位:64位

<戦型選択>

振り飛車:100%
 角交換四間飛車:50。0%
 三間飛車:50.0%

日程

2018年4月5日(木)10時から行われます。

持ち時間は各4時間となっています。

中継

中継は、ニコニコ生放送とAbemaTVにて、行われます。

スポンサードリンク

・ニコニコ生放送

・AbemaTV

AbemaTVはこちら

解説は、黒沢怜生五段と斎藤明日斗四段で、聞き手は、山口恵梨子女流二段と中村桃子女流初段です。

戦型予想

藤井六段は居飛車党で、古森四段は振り飛車党ですね。

以前、新人王戦で対局していて、そのときは古森四段が角交換四間飛車を採用しました。

なので、また角交換飛車にするか、別の戦法にするかですね。

おそらく変えるのではないかと思っています。

別の戦法となると、ノーマル三間飛車か石田流かでしょうか。

石田流の場合、先手でないと組むことが難しいので、先後がどうなるかも戦型に関わってきそうです。

ちなみに、棋王戦予選の先後は振駒ですね。なので、当日でないとどちらが先手になるかは分かりません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*