青野照市九段vs藤井聡太七段の棋譜速報!第77期順位戦C級1組4回戦


第77期順位戦C級1組4回戦の青野照市九段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになりましたね。

青野九段は相掛かりより横歩取りのほうが得意だと思いますが、横歩取りにしようとした場合、藤井七段は角換わりにするでしょう。

角換わりがかなり強いので、それは避けたかったのかもしれません。

青野九段vs藤井七段

青野九段はUFO銀と呼ばれる指し方ですね。

藤井七段は3三角で対応しましたが、△9四歩もあって、▲9六歩△5二玉▲3六銀とUFO銀にされたときに、△3六飛とぶった切る変化もあります。

UFO銀の対策

上記で、そちらの変化は紹介していますので、よろしければご覧いただければと思います。

藤井七段は銀冠にして、じっくり指す指し方ですね。

青野九段vs藤井七段

銀を弾いてから、△5四飛と回りました。

青野九段としては、▲2七銀~▲2六銀と立て直して、3五の歩を狙っていきたいところですが、藤井七段はそれより速く攻めてしまおうという狙いですね。

桂馬も跳ねて、攻めの形を作っていきます。

青野九段vs藤井七段

▲3六歩としましたが、△6五歩と突きました。

▲同歩なら△8八角成▲同銀△5五角で決まります。

青野九段は▲5六歩としましたが、△7五歩とさらに突いていきます。

▲同歩は△6六歩▲同金△8四飛と戻る狙いだと思います。

スポンサードリンク

青野九段は▲3五歩と取り込みました。

△6三銀からさらに銀も繰り出して、厚みを足していきます。

青野九段vs藤井七段

青野九段は桂馬を活用して、攻めの形を作りましたが、藤井七段の攻めに比べると攻めが軽すぎますね。

少しずつ崩していくしかありませんが、藤井七段の攻めのほうが速そうです。

青野九段は歩成りから桂交換して、▲5五歩。

△同飛でも△同角でも駒の働きが悪くなります。

△同角は香取りの先手にはなりますが、▲4六桂で返せるので、そこまで刺さらないですね。

△8四飛で先手を取って、▲7四歩。

飛車成りでも十分ですが、切り合いに持っていく意味はあまりありません。

特に藤井七段は安全に勝ちにいくことが多いので、△同飛ですね。

青野九段vs藤井七段

ここで、△6六歩もあったみたいですね。

▲5七金寄△7七歩成として、▲同角は△6五桂で角金の両取りになります。

▲同桂は△7六歩や▲4五桂の飛車金両取りがあります。

▲5六金なら本局のように△7七桂と戻ってもいいですし、▲4四桂~▲3六歩で押さえることもできます。

青野九段vs藤井七段

拠点を活かして、金を打ち込んでいきます。

▲同銀△同歩成▲同金は△6五桂の追撃があります。

ということで、▲5九玉とかわしましたが、△7七金と角がボロっと取られます。

青野九段vs藤井七段

▲4五桂に対して、△5五角とズバッと切っていきます。

▲同銀に△5八と▲6七角と打って、桂馬を取りつつ飛車銀両取りの狙いですね。

▲3三歩と打って、△5八と▲同玉△2二金とかわします。

依然として、▲5五銀には△6七角から桂馬が取られる手が残りますが、▲5三桂成△同金としてから▲5五銀と取っておくぐらいでしょうか。

それでも、△6七角~△4五角成が厳しいですが、桂馬をタダで取られるよりはという感じですね。

青野九段は▲5五銀とたんに取って、△6七角が決まります。

後はねばりが効かなかったですね。

青野九段vs藤井七段

以下、▲2六玉△2五銀▲1五玉△1四歩までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*