順位戦C級1組 藤井聡太七段vs高橋道雄九段の棋譜速報!矢倉vs居角左美濃急戦


第78期順位戦C級1組4回戦の高橋道雄九段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

高橋九段は矢倉にして、藤井七段は居角左美濃急戦ですね。

藤井七段vs高橋九段

高橋九段は7八金はあがらずに、早めに4六角の形にして、攻めをけん制しました。

△5二金右や△6二飛も自然な手ですが、藤井七段は△6五歩▲同歩△8六歩▲同歩△7七角成▲同桂△8六飛と角を切って、一気に攻めにいきます。

激しい攻め合いに

藤井七段vs高橋九段

高橋九段としても受けはありませんので、攻め合いにいくしかないですね。

▲6五桂と跳ねて、攻めの形を作ります。

一気に攻めるのであれば、▲5三桂不成ですが、先手陣が壁形ですので△7八銀のほうが厳しくなりそうです。

なので、一回は受ける必要があります。

▲7九金△9九龍▲6六角も見えますが、高橋九段は▲7八角で受けました。

△9九龍▲5五角の両取りですね。

高橋九段は手厚いのを好まれますので、7九金は玉から金が離れるので、指したくなかったのではないかと思います。

ただ、△6六歩が少しイヤだったでしょうか。

スポンサードリンク

藤井七段vs高橋九段

▲同角と取れますが、△9八龍で、5三桂不成を消しています。

▲6五香の田楽刺しがありますので、苦しいです。

なので、▲1一角成しかないですが、△2二銀で馬が使えなくなります。

1一香まで打てば、馬を捕まえられますが、5三桂不成から攻められますが、すぐに指すのは怖い気がします。

高橋九段は取らずに▲5七銀とあがって、飛車の横利きを通しつつ、逃げ道を作ります。

攻めさせて受ける

藤井七段vs高橋九段

△6四香で、▲5三桂不成を催促して、△4四銀と受けます。

▲4一桂成△同玉▲6四角△同銀と両方とも切ります。

角が逃げると、6七歩成が厳しいですし、銀をとっても6七歩成をまた受けないといけませんので、香を取るしかないですね。

どっちに逃げても桂

藤井七段vs高橋九段

高橋九段は歩も払って、自陣を安全にしましたが、△6五歩と打たれて、▲5七銀なら△7七桂ですし、▲7七銀なら△5七桂と、

どちらに逃げても桂馬が厳しいです。

高橋九段は▲7七銀と逃げて、△5七桂に▲2二歩で勝負に出ます。

しっかり打つべきだったか

藤井七段vs高橋九段

ここで、▲5八金打とすると、まだ粘れたようです。

△6九桂成▲4八玉△5八角成▲同金で、金が一枚残りますので、すぐに潰れることはありません。

一手回ってきたら、後手玉も銀一枚で薄いですので、2六香から反撃できます。

▲5八金右としたので、一気に寄ってしまいました。

投了図以下

藤井七段vs高橋九段

△6六銀で、高橋九段の投了となりました。

以下は▲6八玉でも▲7八玉でも△7七金で詰みとなります。

藤井七段が一気に攻め込んで、無理筋にも見えましたが、しっかりつなげて、そのまま寄せ切りました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*