ニコニコ超会議2017で、プロ棋士4人による四人将棋


大規模に色んなことが行われるニコニコ超会議。

今年、2017年もかなり面白そうですよ。

将棋では、プロ棋士たちが多面指して、対局してもらえます。

さらには、将棋駒作りの体験なんかもあったりします。オリジナルの駒が作れるとのことで、結構面白そうですよ。

その他には、佐藤天彦叡王との対局で使われた電王手一二さんと対局することができるようです。

対局ってどうなるんですかね。

Ponanzaと戦えるということでしょうか。

おそらくは、あの佐藤名人ですらも、太刀打ちできなかったPonanzaの強さを肌で実感できるということでしょう。

電王手一二さんとの対局の様子は、ニコニコ生放送でも中継されます。

そして、四人将棋ですね。

斎藤慎太郎七段、中村太地六段、藤田綾女流二段、竹俣紅女流初段の4人で行います。

ニコニコ超会議について

ニコニコ超会議は、4月29日(土)と4月30日(日)の2日間で、幕張メッセにて行われます。

入場券は、2日通し券だと、2,500円、1日券だと、前売りが1,500円、当日が2,000円となっています。

スポンサードリンク

入場券の購入方法は、ニコニコ本社を始め、楽天やDMMなど色んな所で購入できます。

特典がある所もあるようですので、欲しい特典がある所で買うのがいいんじゃないかと思います。

四人将棋について

続いては、プロ棋士たちが行う四人将棋ですね。

こちらについて、説明していきたいと思います。

その名の通り、4人で将棋を行うんですが、角、桂、香はなく、ピラミッド型に並べます。

こういった形ですね。

4人将棋

駒の動かし方、ルールはほとんど普通の将棋と同じです。

順番は時計回りで、王手をかけた場合は、王手がかけられた人に手番が回って、王手を回避する必要があります。

一手で、複数の王手がかかった場合。

例えば、十字飛車で、2人ないし3人同時に王手がかかった場合などですね。

この場合は、王手された対局者の中から時計回りで近い人から指して、王手を回避します。

だいたいこんな感じですね。

ニコニコ生放送

このニコニコ超会議2017は、ニコニコ生放送にて、生中継されます。

プロ棋士たちが四人将棋しているとこも見られますので、当日行けないという場合は、生放送の方で見てみてはいかがでしょうか。

四人将棋は、4月30日(日)12時~行われます。

また、解説は山崎隆之八段が行うとのこと。

どんな解説になるんでしょうか。

普通の将棋とはまた違った解説が見られそうで、そちらも楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*