将棋日本シリーズJTプロ公式戦一回戦第四局 広瀬章人八段vs高見泰地七段の対局速報


広瀬章人八段vs高見泰地七段

将棋日本シリーズJTプロ公式戦一回戦第四局にて、広瀬章人八段vs高見泰地七段の対局が行われます。

勝者は渡辺明JT杯覇者との対局となります。

前JT杯優勝者の渡辺二冠との対局ですね。

JT杯はトップ棋士しか出場できませんし、誰と対局しても大変ですが、一番大変な相手といっていいでしょう。

とはいえ、広瀬八段も高見七段も元タイトルホルダーですし、問題ないでしょう。

どちらが渡辺JT杯覇者と対局することになるのか、楽しみです。

スポンサードリンク

成績とレーティング

広瀬章人八段

今年度成績:1勝2敗(勝率:33.3%)
通算成績:420勝243敗(勝率:63.3%)
レーティング:1789
順位:10位

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:15.5%
 角換わり:38.8%
 横歩取り:6.8%
 相掛かり:17.5%
 力戦:12.6%
 対抗系:8.7%

高見泰地七段

今年度成績:2勝5敗(勝率:28.6%)
通算成績:203勝134敗(勝率:60.2%)
レーティング:1666
順位:37位

スポンサードリンク

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:34.5%
 角換わり:23.6%
 横歩取り:5.5%
 相掛かり:9.1%
 力戦:12.7%
 対抗系:14.5%

JT杯 広瀬章人八段vs高見泰地七段の日程

2020年8月2日(日)15時から対局が行われます。

持ち時間は各10分で、切れたら30秒の秒読みとなります。

また、1分単位で合計5分の考慮時間もあります。

先後は振り駒で、決まります。

JT杯 広瀬章人八段vs高見泰地七段の中継

中継はAbemaTVにて、行われます。

AbemaTVはこちら

解説は中村修九段で、聞き手は藤田綾女流二段です。

戦型予想

広瀬章人八段も高見泰地七段も居飛車党ですので、相居飛車でしょう。

広瀬八段は角換わりが得意で、高見七段は矢倉を得意です。

なので、先手番を取ったほうが得意な戦型に持ち込むと思います。

広瀬八段が先手番なら角換わり、高見七段の先手番なら矢倉と予想します。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*