将棋ウォーズ3切れで有利な戦法!横歩取り超急戦3三角戦法


将棋ウォーズ3分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が後手番です。

本譜は、横歩取りになりましたね。

横歩取りで後手番の場合は、3三角戦法を採用しています。

横歩取り3三角戦法

たんに△3三角とあがる3三角型空中戦法ではなく、角交換してから、△3三角と打ちます。

これで何が違うのかといいますと、相手が何もしなければ、△8八角成▲同金△同飛成として、2枚替えで龍が作れて、こちらが有利です。

なので、なにかしら受けないといけなくなります。

つまり、先手を取ることができます。

3三角型空中戦法ですと、先手から攻められる展開になりがちなんですよね。具体的には▲5八玉と青野流にしたり、▲6八玉と佐々木流にしたり。

こちらが受けないといけないので、早指しの場合、読み切れずに攻め潰されてしまう可能性が高くなります。

そこで、角交換して△3三角と打つことで、こちらが攻める展開に切り替えられるわけです。

横歩取りには、4五角戦法も有名ですが、有名すぎて相手も知っているので、しっかり対応されることが多いです。

ですが、3三角戦法はあまり指す方が多くないので、相手も知らないことが多いです。

また、知っていた場合でも互角の展開に持っていけるので、いきなり悪くなることはありません。

そういう意味もあって、3三角戦法を採用しています。

本譜に戻りまして、相手は▲7七角と角を合わせて、対応されてきましたね。

これも普通の対応ですね。

他には、▲8七歩と打ったり、▲7七桂と跳ねるのも有力です。ソフトは▲7七桂を推奨していました。

角を合わせる変化は一番激しい変化で、△同角成▲同桂△8九角と打ちます。

横歩取り3三角戦法

金を引けば角が成れて飛車に当たりますし、寄れば銀が取れます。

なので、金は受けずに▲7五角と攻めあって、△7六飛▲5三角成となります。

次に▲3二飛成△同銀▲4二金で詰むので、△3三歩と打って、▲8四飛とまわってどうかですね。

こちらも金が取れて角が成れるので、大乱戦の変化ですね。

この変化はそれしかないです。

たまに、▲6八玉とされる方もいますが、△7八角成▲同玉△6八金で潰れます。

本譜は、△8七歩と打たれたので、角成って、飛車は取られるんですが、金銀取れて、2枚替えでこちらが有利になりました。

横歩取り3三角戦法

この桂の対応が悪かったです。

スポンサードリンク

△5二銀と下から打つべきでした。

△6四銀と桂頭の銀で受けたので、▲同飛△同歩▲5三桂成という変化も生まれてしまいました。

それでもこちらがいいみたいですが、玉の頭に成桂を作られて、あまりいい展開とはいえないです。

相手は▲6六角と合わせてきたので、△同馬▲同歩△6七角ともう一回打って、馬を作りにいきました。

相手の陣に金銀が1枚ずついないので、馬が作りやすいので、馬・角交換は特に問題ないですね。

そこから相手も暴れてこられて、それに合わせて対応しました。

横歩取り3三角戦法

無理に突破しにこられたので、大駒は近づけて受けよの手筋で飛車を叩いてみました。

▲同飛だったら△4四銀と銀が逃げつつ飛車取りの先手を取ることができます。

相手の方は、▲5三銀成としてきて、△5六歩と取るべきでしたね。

△同金としたので、歩を打った意味があまりなくなりました。

△5六歩▲同飛で怖いですが、△8八飛と下ろしてから、△5三金と手を戻して▲同飛成△5二香という展開ですね。


ただ、1手間違うとすぐに逆転されそうで、怖いは怖いですね。

無難という意味では、△同金で合っていたのかもしれませんが、それなら△5五歩の意味がありませんし…

そもそも、△5五歩があまり良くなかったのかもしれません。

ソフトは、△5五歩か△同銀かという感じでした。

なので、悪い手ではないと思いますが、人間的には少し指しにくくなる気がします。

後は、しっかり受けて自陣の安全にしてから攻めにまわりました。

慌てることもありませんので、逆転されないように指すのが大事かなと思います。

横歩取り3三角戦法

飛車取り詰めろの角打ち。

▲同飛を読んでいましたね。

△同銀として飛車取りの先手を取って、飛車を下ろして攻めていこうと考えていました。

ただ、▲5八銀とされたので、△同馬▲同金△2六角で2枚替えができました。

後は、△3七香成と攻めて、▲同銀に△2八飛と打とうと考えていました。

▲同桂だったので、△3六歩から桂馬が取れて、寄りました。

横歩取り3三角戦法

横歩取りのような激しい変化は研究勝負ですので、先に研究しているほうが有利になりやすいです。

なので、相手の知らない変化に持っていくほうが、こちらだけ研究していて、有利な展開に持っていくことができます。

そういう意味でも、3三角戦法はマイナーで知らない方も多いので、オススメです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*