横歩取り△4一玉戦法に青野流は通じるか?


将棋クエスト5分切れ負け。

短い将棋はあまり得意じゃないので、将棋クエストの方はあまりやらないんですが、

ネット将棋は短い時間の将棋が多いですし、慣れないといけないなぁ~と思って、たまに指しています。

ちょっと空いた時間でもできるのもいいですよね。

ということで、本譜は横歩取りの展開になりました。


私が先手番なので、相掛かりか横歩取りか選べんたんですが、相掛かりはあまり知らないので、横歩取りにしました。

横歩取り△4一玉戦法

ここで、△3三角と角が上がる手が多いです。

これは、▲2二角成△同銀▲3二飛成といった手を防いだ手ですね。

また、▲2四飛と飛車を戻らせない意味もあります。

ただ本譜は△4一玉と寄りましたね。

▲2二角成には△同銀として、▲3二飛成は△同玉で問題ないということですね。

これに関してはあまり詳しくないので、私は▲5八玉として、青野流を目指しました。

ただ、△3三角と上がっていないので、▲3七桂から▲4五桂と跳ねたときに角に当たってこないのがどうかといった所ですね。

とは言え、エルモも最終的には▲2四飛に変わりましたが、▲5八玉も読んでいたので、そんなに悪くないんじゃないかと思います。

また、その後は△3三角と上がるようなので、それなら▲3六歩から▲3七桂、▲4五桂と跳ねていって、青野流が目指せると思います。

本譜は△7六飛と横歩を取られましたね。

スポンサードリンク

横歩取り△4一玉戦法

これには、▲8四飛と飛車を回る手は知っていたんですが、その前に▲2二角成△同銀としたほうがいいようです。

そして、▲8四飛と回って、△8二歩と受けるしかありませんが、▲8五角と飛車取りと6三の角成の両方を受けることができません。

△2六飛と回る手も見えますが、▲2七歩で受かりますね。

△同飛成は▲6三角成が王手龍になりますので。

4一玉ととがめた形ですね。

本譜はすぐに▲8四飛と回って、△8八角成▲同飛に△8六歩と上から押さえられました。

横歩取り△4一玉戦法

ここでも▲8五角でいいですね。

△2六飛は同じように▲2七歩で追い返せますので。

それが見えていなかったので、▲2七歩と先に打って、飛車を回らせないようにしました。

△3六歩とあやをつけてこられましたが、これが甘いと見て、▲8三角と打ちました。

横歩取り△4一玉戦法

これが横歩取りによくある筋な気がします。

飛車がいなくなるので、そこが傷になりやすいんですよね。

なので、馬を作りやすくなります。

△3七歩成より▲6一角成が金を取られつつ▲5二金までの詰めろになりますから、こちらのほうが厳しいですね。

ということで、△5一金と逃げられましたが、▲6五角成と飛車を取りに行きました。

広いようで、意外と狭いんですよね。

飛車が逃げれない格好なので、飛車が取れました。

横歩取り△4一玉戦法

△3七歩成は残っていますが、それより飛車成りの方が厳しいと思ったので、▲8六飛と走りました。

△3七歩成に▲8一飛成ですね。

△3六と桂馬で取られるのを避けられたんですが、一手パスな感じになってしまうので、もったいないような気がしました。

エルモなら△3八歩と攻めるようです。

銀を見捨てて攻めあってどうかという感じですね。

ただ、大駒で攻めているこちらの方が速くなるような気がします。

ということで、相手の方もここで投了となりました。

一応、△4一玉にも青野流はできるみたいですので、△4一玉にされても▲5八玉から構わず青野流を目指したいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*