Pona流袖飛車早繰り銀に横歩取り・中住まいで対抗!


将棋クエスト5分切れ負けで、対局しました。



スポンサードリンク

私が後手です。

あんまりいい将棋にならなかったのは、面目ないですが、初めてPona流早繰り銀にされたので、取り上げてみました。

銀を繰り出して袖飛車にして、攻める戦法ですね。

Pona流袖飛車早繰り銀

角道を通すため、△3四歩と突くので、袖飛車にされると攻め手が速いんですよね。

ただ、以前袖飛車を研究したときに、すぐに攻めて行くのは難しそうだったので、取りあえずなんとかなるかなと思っていました。

こちらは、横歩も取って一歩得を主張にしてみました。

とは言え、ここからの構想が難しくて、どう指せばいいか分からなかったです。

中住まいにして、様子見ですね。

Pona流袖飛車早繰り銀

玉があがって、飛車道がとまったので、ここでなにかできないかと思っていました。

△8八歩と打って、▲同金なら▲同銀なら△6六角▲同歩に△4五角ですね。

ただ、▲2二角成としてから、▲8八銀とする手もあって、あんまりいい手ではありませんでした。

本譜は▲同銀としてくれたので、△6六角~△4五角の角成りと金取りが入りました。

▲5六角と合わせてきましたが、△2七角成が入って、ここはこちらが指せる展開になりました。

Pona流袖飛車早繰り銀

ここからがヘタでした。

結局、飛車を取るだけになってしまったので、馬を作ってもあんまり意味がありませんでした。

elmoによると、△7六角が急所みたいです。

▲6七金とあげさせてから、△3八馬▲同金に△8九飛と打っていく展開です。

角を取ると金が守りからいなくなりますし、△8八飛成を受けるのが難しくなります。

それは見えていなかったですね。

スポンサードリンク

Pona流袖飛車早繰り銀

この辺はもう相手のほうが指せる展開ですね。

私も△3六桂から攻める筋を読んでいたんですが、同じ手を指したら、先に指す相手のほうが速くなりますので、

方針を切り替えて、△3八歩と金を動かして金銀の連結を外すことにしました。

桂馬成ってから、歩を取ったので、△3一飛の十字飛車をかけて、▲2一飛△同飛▲同馬として、馬の働きを弱めることに成功しました。

これで、結構まぎれたんですが、どう指していいか分からなかったですね。

elmoは、△5四桂と控えの桂の手筋を推奨していました。

桂頭の銀は馬が効いてて打てませんし、▲6七金なら△8九飛が入ります。

なので、▲6九香と受けて、△5一銀とこちらも手を戻して、どうかという感じだったみたいです。

2筋からの攻めしか考えていなかったので、うまくいかなかったですね。

Pona流袖飛車早繰り銀

相手は銀を打って攻めてこられて、△3八桂成からこちらも攻めていきました。

ただ、▲同金とされて、△同龍が▲4一銀不成で王手龍になるので、やっぱりダメですね。

とは言え、桂成った以上、金が取れないなら何してるのか分からないので、△同龍しかなかったです。

龍を取ったときに、龍をいじめて、どうかですね。

Pona流袖飛車早繰り銀

なんとか飛車は取り返せましたが、駒損がひどくてダメですね。

かなり不利でしたが、攻めるしかないので、攻め続けてどうにかならないかという感じです。

それに、時間もなかったというのもありますね。

難しすぎて全然分からなかったので、時間が全くなかったです。

Pona流袖飛車早繰り銀

ここで、△4五馬の王手龍もありましたね。

△4七龍と取った直後に気づきましたが、もう遅いですね。

▲6八玉と逃げられて、△5七龍▲7九玉△5九龍と駒損がひどすぎて、追っていくしかなかったです。

▲6九金と打たれて、△同龍と取る以外ないですね。

▲同玉に△4六馬と逃げ道をなくしました。

Pona流袖飛車早繰り銀

ほとんど形作りですね。

さすがに追えませんので。

ただ、▲6八銀と打つつもりだったのではないかと思いますが、▲6七銀とおそらくクリミスされて、△5七金で詰んでしまいました。

残り10秒でしたし、局面も悪すぎたので、打つしかなかったですが、あんまりいい勝ち方ではないですね。

反省して、また指していきたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*