相居飛車での銀冠の崩し方【これを覚えておくとすごく便利!】


将棋クエスト5分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が後手番です。

角換わりになりました。

角換わりは最近、早繰り銀で行くことが多いです。

早繰り銀には腰掛け銀に弱いというのが定跡でしたが、そうでもないというのが分かってきましたので、中盤難しい腰掛け銀より攻められる早繰り銀のほうがいいので、早繰り銀にしています。

銀冠崩し

△7五歩▲同歩△同銀は攻めの形ができるので、△6六歩と突いて、6七銀と引けるようにしたほうがいいと思いますが、相手は▲同歩と取ってこられましたね。

次に△7六歩と拠点を作れれば、かなり大きいので、▲7六歩と相手から打ってこられました。

ただその場合、△8六歩から銀がさばけます。

銀冠崩し

▲8七銀としっかり銀を打って受けられました。

▲8七歩だと△7六飛の横歩を取る手を警戒されたのかもしれません。

ただ、横歩を取ると▲8三角から馬を作られるので、あまり得した感じはしません。

スポンサードリンク

銀冠崩し

銀冠がしっかり構築されて硬いんですが、ここで銀冠を崩す一手があります。

それが、△6四角です。

4六の歩に当たっているので、▲4八飛とまわって受けるんですが、実際の狙いはそこではなく、△8六角と角を切っていきます。

▲同銀△同飛が歩がないため、受かりません。

銀冠崩し

受けるのであれば、△8七角や△7九玉ですね。

8七角なら▲8二飛と引いて、▲8六歩を見せれば崩せますし、△7九玉は▲8七銀と上から押していけば崩せます。

歩がないのがかなり苦しいんですよね。

相手は、攻めに活路を見いだそうと、▲3七桂。

当然こちらは、△8九飛成と攻めて▲2五桂も無視して、△3七銀と打って、飛車をいじめつつ玉の退路をなくしました。

銀冠崩し

後は、玉のまわりにいる金銀をはがしていくだけですね。

ただ、もう金一枚しかいないので、この金一枚を狙っていけば、詰みやすくなります。

なので、△8六桂と金を狙っていきます。

▲7九金は△同龍▲同玉△7八金で詰んでしまいますし、▲7七金は△6九金から尻金の手筋で詰みです。

なので、▲7九銀と受けるしかないですね。

△5八金と送ったんですが、△6九金と下から打ったほうが良かったですね。

▲同玉は△7八桂成から詰みますし、▲7七玉は△7九金と銀が取れますので。

どちらにしても、勝勢はゆるがないですね。

守りの金駒もありませんし、成銀が退路を塞いでいて逃げられないので、詰みとなりました。

銀冠崩し

銀冠を崩してからは、一気に寄せられて良かったです。

銀冠に対する△6四角は角換わりだけでなく、相掛かりなどでも十分考えられるので、知っておくと、本譜のように一気に攻めることもできて、かなり便利です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*