将棋ウォーズ都成流の棋譜紹介や指し方、定跡や対策を解説


将棋ウォーズの都成流と呼ばれる指し方について、紹介したいと思います。

都成流は、都成竜馬4段の考えた戦法で、対居飛車に対して、飛車先の逆襲、飛車を取ることを目的とした指し方です。

一種のハメ手に近いので、相手が対応を知らないと、うまくいく可能性も高いです。

逆にやられるとやっかいな戦法でもありますので、「別にハメ手とかやらないし興味ない」という場合であっても、知っておいて損はないのではないかと思います。

特に居飛車党の場合は、相手にやられる可能性がありますし、そのときに、知っておくと役に立つと思います。

スポンサードリンク

都成流の指し方

都成流は後手番の戦法で、相手が角道を開けずに、飛車先を突いてきたときのみ使えます。


定跡では、飛車先を突いてきた場合は、△3二金と金が上がったり、△3三角と上がって、飛車先の歩を交換をさせないようにします。

しますが、都成流では、△3二銀と上がって受けて、飛車先の歩を交換してきた場合、△3一金と金が寄ります。

将棋ウォーズでは、ここで、エフェクトが出ます。

都成流の定跡


こういった展開になります。

まずは、△4四角とあがり、▲2四飛と飛車が戻った場合には、△3三銀とあがります。

都成流

2三の地点が開いていて、うっかりかな? と思いきや、成ってしまうと、▲2四歩と打たれて、龍が動けなくなってしまうんですね。

後は何をしても、△2二金とあがって、龍が取れます。

都成流

これが都成流の狙いです。

そこで、飛車が成らずに▲2八飛と戻った場合。

この場合は、△2六歩と押さえ込み、△2二飛と回ります。

都成流

この後は、美濃囲いに囲んでから、ゆっくりと攻めていく感じですね。

こう押さえ込まれてしまうと、先手から攻めるのは厳しいので、後手から好きなタイミングで攻めれるようになります。

都成流の対策

それでは、どうすれば良かったのか? 都成流の対策方法をお伝えしたいと思います。

一番単純な対策方法としては、▲7六角と角道をあらかじめ開けておけば、△3二銀と上がった瞬間に▲2二角成が入りますから、できません。

ただ、それはそれで、早石田にされたり、角交換されたり色々ありますから、あんまりやりたくないということもあると思います。

そこで、どうするのか? ですね。

対策:横歩は取らない

歩の交換をした後で、▲3四飛と横歩を取るのではなく、▲2八飛と下がります。

都成流

△4四角とあがってきますが、ここは特に問題ありませんので、陣形を整えます。

△3三銀と上がってきたときに、▲2四歩と打ちます。

都成流

これが都成流にとって急所で、受ける手が△2二歩しかないんです。

△2二金や△2二飛なら、構わず歩が成れてしまうわけですね。

ただ、△2二歩と打つと、飛車が回れなくなるので、打ちたくはないんですが、打たざるを得ません。

これで、凹ませることができて、先手が指せます。

驚愕!龍を取られても先手が指せる!?

先ほどの龍が捕まってしまったこの局面。

都成流

龍が取られて、先手が悪いかと思いきや、先手が指せるんです。

それがこの一手。

都成流

▲2五歩。

△同歩であれば、▲同龍で龍が逃げれますので、問題ありません。

△2二金であれば、▲2四歩と歩を取ることで、龍にヒモがつけられるわけですね。

△2三金に、▲2三歩成。

都成流

これで、と金が銀に当たっていますし、飛車を打つとしても、2七しかありません。

すぐに△2七飛には、▲3三と△同角▲2八歩と飛車を追い返しておけば問題ありません。

これで、飛車と金・銀の2枚替えになるわけですね。

とはいえ、龍は作られますし、先手から分かりやすい攻めがあるわけでもありませんから、まだまだ難しいと思います。

思いますが、強く反発する場合は、こういった方法もあります。

都成流の棋譜

実は、都成流は実際にプロのタイトル戦で使用されています。

その対局は、

第39期棋王戦本戦2回戦 深浦康市vs糸谷哲郎

です。

スポンサードリンク


糸谷6段(当時)も指されている8手目の3三角。

都成流

こちらは、浮かむ瀬も推奨していて、こちらも有力なようです。

浮かむ瀬の都成流


△3三角と上がった局面から、▲3四飛と横歩を取った場合。

△2三銀とあがって、▲3六飛と引いたら、△2二飛と回って、逆棒銀を目指します。

都成流

横歩は取らずに、▲2八飛と引いたら、△2四歩と打って、△2三銀とあがって、同じように逆棒銀ですね。

都成流

また、居飛車の方が好きな場合は、飛車は回らずに、△3二金とあがって、銀冠を目指す指し方もあります。

都成流は先手番でもできる!

都成流は本来、後手番の戦法ですが、3三角型(先手ですので、7七角ですが便宜上)の場合は、先手でもできます。

ただ、先手の場合は、居飛車に限定されてしまいますが。


▲7六角と角道を開けたのに対し、△8四歩と飛車先を突いてきたら、こちらも、▲2六歩と飛車先を突きます。

そのまま突き合えば、△3二金と受けるしかありません。

もちろん、△3四歩と角道を開けることも考えられますが、この場合は、都成流はできません。

△3二金としたときに、▲7八銀とあがるんですね。

都成流

後は後手番と同じように、飛車先の歩を交換されたら、▲7七角と上がります。

横歩を取った場合

△7六飛と横歩を取った場合、こちらも歩の交換をして、△2三歩と打つのであれば、▲8四飛と回ります。

都成流

△8二歩と打つしかありませんが、これで、歩越しの飛車となりますので、相手だけ飛車がかなり使いにくい状態になります。

後は、▲2七歩と打って、美濃囲いまでゆっくり囲えば、問題ありません。

少し局面を戻しまして、先手が飛車先の歩の交換をしたときに、△2三歩とは打たないで、▲3四歩と角道を開けた場合。

都成流

これには、▲2二角成△同銀と角交換して、▲8七角と打ちます。

都成流

△8六飛と逃げたら、▲4三角成△同金▲2二飛成で、先手有利です。

都成流

なので、角道を開ける場合、△1四歩しかありませんが、これには、▲2八飛とおとなしく引いておきます。

都成流

これで問題ないかと思いきや、△2三歩と打ってしまうと、▲2五飛と飛車が上がって、また飛車回りを見せるわけですね。

とは言え、歩を打たなければ、▲2四歩が厳しいので、△2六歩と飛車の横利きで、歩を打つんですが、▲6六歩と飛車の横利きを止めて、歩を取りに行きます。

都成流

この後は、△7四飛▲2六飛△2三歩▲6六歩△8四飛▲8六飛で一局ですね。

都成流

△8五歩と飛車の交換をしないのであれば、穏やかな展開になりますし、△同飛▲同角と飛車の交換を応じるのであれば、激しくなります。

横歩を取らない場合

横歩は取らずに、△8四飛と引いた場合。

都成流

この場合は、後手番と同じように▲8六歩と歩を打って、▲8七銀から▲7八金と銀冠を目指して、一局ですね。

都成流

先手からしたら、飛車先の交換はされましたが、銀冠に組めたと思えばいいかな、という感じですね。

後手も、飛車先の歩の交換ができて、満足ということで、お互いに主張があり、どちらも指せると思います。

また、3三角型、7七角型に対しては、こうすれば絶対に良くなるという対策はありません。

ハメ手でありながら、相手にキチンと対応されても、一局という優秀な戦法です。

なにせ、タイトル戦でも使われるほどの戦法ですから。

使ってみても面白いと思いますよ。

ただ、将棋ウォーズの場合、3三角型、7七角型は、「都成流」というエフェクトは出ないので、ちょっと残念な所ですが。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*