第3期叡王戦本戦 深浦康市九段vs行方尚史八段の日程と中継情報


第3期叡王戦本戦にて、深浦康市九段と行方尚史八段の対局が行われます。

叡王戦本戦は、今2回戦ですね。

深浦九段は藤井四段に勝って、行方八段は澤田6段に勝っての2回戦です。

どちらも強豪に勝っての2回戦ですし、かなり調子は良さそうですね。

ということで、かなり面白い対局が見られるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

日程

深浦康市九段と行方尚史八段の対局は、2018年1月8日(月)14時30分から行われます。

持ち時間は、各3時間で、切れると1分の秒読みです。

夕食休憩は、18時~18時40分。

3時間というとかなり長い将棋に見えますが、プロ同士ですと短いみたいですね。

藤井四段と深浦九段の対局でそれが良くわかりました。

中継

中継は、ニコニコ生放送で行われます。

スポンサードリンク

解説と聞き手は私が確認したときには、未定でした。

もしかしたら、もう決まっているかもしれませんので、ご確認ください。

戦型予想

深浦九段も行方八段も居飛車党ですね。なので、相居飛車の将棋になると思います。

ただ、その中でどの将棋になるかが難しいですよね。

横歩取りも矢倉も雁木も角換わりも何でも指しますので。

藤井四段のときに見せたような力戦の将棋もありますし。

どれも十分考えられるので、どれになるかはかなり難しいです。

順位戦A級での深浦九段と行方八段の対局では、相雁木の将棋になっていました。

それも十分考えられますが、この前指したばかりですし、避けることもありそうです。

そうなったときに考えられる戦法としては、角換わりか横歩取りでしょうか。

どちらかというと、横歩取りのほうが可能性が高いような気がします。

理由は特にありませんが、なんとなくですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*