将棋ウォーズがグーグルクロームでできるようになったから指してみた!


将棋ウォーズがグーグルクロームなどIE以外のブラウザでも指せるようになったので、早速指してみました。



スポンサードリンク

3分切れ負けで対局しました。

将棋の感想戦の前に、使用感ですが、カクカクしていて指しにくかったです(苦笑)

以前みたいなパシパシ指す感じじゃなくて、パシン、パシンみたいな一手一手に微妙な間があるんですよね。

その分、格調高いと言いますか、高級感はありました。

ただ、3分切れ負けのような超早指しには向いていない気がしました。

あと何と言っても、最初のローディング時間が短くなったのがいいですね。

以前のIEでの将棋ウォーズは最初のローディング時間がかなり長かったですが、あれがなくなったのは嬉しいです。

ということで、感想戦に移っていこうと思います。

相手の方は、角交換振り飛車模様だったので、以前研究した相振り飛車を採用してみました。

角換わり相振り飛車

スポンサードリンク

振り飛車が苦手でも相居飛車の角換わりのようになるので、それほど指しにくさはないのかなと思います。

相手の方は5筋に振り直して、5筋から攻めてきましたね。

私は銀をあがって、超速のようにしました。

角換わり相振り飛車

相手も▲6六銀とあがってきました。

2枚銀のように△6四銀と上がる手もあったでしょうか。

▲8二角は△7三角で合わせて、▲同角成△同玉で問題なさそうなので、2枚銀にするのも良さそうですね。

私は△7二玉と寄って、玉の囲いを優先しました。

▲6五銀からすぐに仕掛けて来られました。

角換わり相振り飛車

歩を取りにいったのは微妙でしたね。

ぽんぽこは、△5三歩としっかり押さえることを推奨していました。

相手にだけ5筋の歩を切られて損なので、あんまりやりたくはないですが、銀が出てきているので、そうするしかなかったでしょうか。

角換わり相振り飛車

角も足して、5筋突破ですね。

△同銀から全部精算してよかったみたいです。

龍は作られますが、△8七飛成とこちらも龍を作れて桂取りにもあたるので、こちらが指せるようです。

そこまで考えられず飛車を叩いていって銀を取ったので、桂馬を取られながら龍を作られて、不利になりました。

とは言え、こちらも5筋から反撃して、また良くなりました。

角換わり相振り飛車

ここは、△5九銀成と成ったほうが良かったですかね。

4八とと、と金が入れるのが大きいかなと思って不成にしたんですが、金取りに当たるほうが大きいですね。

この辺からまたおかしくしてしまって、時間もなくダメでしたね。

また頑張っていきたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*