羽生善治棋聖竜王奪還!永世7冠達成。渡辺明竜王との5局の棋譜はこちら


羽生善治棋聖がついにやりましたね。

渡辺明竜王に第5局を勝って、羽生棋聖の4勝、渡辺竜王の1勝で羽生棋聖が竜王を奪還しました。

これにより、羽生棋聖は永世竜王の称号を得ます。

永世竜王は、竜王を連続5期もしくは通算7期保持した棋士に与えられます。

羽生棋聖は、通算7期竜王を保持したので、永世竜王となりました。

それでは、第30期竜王戦七番勝負第5局の棋譜を振り返っていきたいと思います。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりましたね。

竜王戦5局

渡辺竜王は6二金・8一飛型のソフトが指しだして流行っている形ですね。

対して羽生棋聖は以前からある形にしました。

ここで、▲4五銀と羽生棋聖は仕掛けていきましたね。

△同銀▲同桂は、△4四銀▲6三銀という展開です。

△同金は▲7二角で先手が指せるので、△6一金と逃げて、▲7四銀成なら△3七角と攻めあってどうかですね。

それもかなり難しいと思います。

渡辺竜王はその展開にはせずに、△5五銀とあがって、▲2五桂△4二銀という展開になりました。

竜王戦5局

▲1五歩と端歩を突き捨てていきましたが、手抜いて△3七角。

▲2九飛△4六角成▲4九飛として、△1五歩と手を戻しました。

▲4六飛と切っていって、△同銀▲3四銀ですね。

竜王戦5局

次に▲4五角と打って、2三銀成と飛車取りの狙いですね。

渡辺竜王は、△8六歩と突き捨てていきました。

手抜いて▲4五角は歩成りのほうが厳しそうですね。飛車を取っても、玉から遠いですし、と金はすぐ近くですので。

スポンサードリンク

なので、▲同銀と取って、△5七銀成▲同金△5九飛と十字飛車。

金を取りながら龍を作ってどうかですね。

羽生棋聖は冷静に▲6八銀と受けて、△4八龍▲5七角。

竜王戦5局

攻め急がずに自陣を安全にしてからですね。

こういう指し回しは参考になりますね。

△4九龍と逃げて、▲1二歩~▲1三歩△同香▲同桂成△同桂▲同角成と端から攻めていきました。

△2二金打と受けましたが、▲1五香と馬は逃げずに香でつないだんですね。

龍から逃げつつ歩切れも解消しつつで、かなり味の良い一手ですよね。

△1三金と取って、▲6七角△1九龍としてから、▲1三香成。

▲6七角は△5六角の攻防の角を防ぎつつ龍取りの先手で打った手ですね。

こういった細かい所はかなり重要ですよね。

そこからも攻めも鋭すぎましたね。

竜王戦5局

この▲4四歩も鋭い一手でしたね。

△同歩なら▲2三成香△同金▲4三歩と玉頭に拠点を作ることに成功します。

なので、手抜いて△9四桂と攻め合いにいきましたが、▲2三成香からどうしようもなくなりましたね。

竜王戦5局

とどめ香打ち。

△同飛としましたが、▲4二とから詰みですね。

渡辺竜王は、△同玉▲4三銀打とした所で、投了となりました。

以下、△4一玉や△3一玉は頭金なので、△5一玉と逃げるしかないですが、▲6三桂△6一玉▲7一金となります。


竜王戦全てを振り返って、羽生棋聖はここに全てをかけた感じに見えますね。

いつにもまして、指し手が鋭かったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*