横歩取り模様から一手損角換わり対策!4一金型の角交換は危険!


将棋クエスト5分切れ負けで対局しました。



スポンサードリンク

序盤は横歩取り模様になり、青野流にしようかなと思っていましたが、相手の方は、横歩取りはイヤということで、角交換して、一手損角換わりになりました。

一手損角換わり

ただ、ここからの角交換はあまりうまくいかなくて、▲2四歩とつけてしまいます。

△同歩▲同飛に、△3五角というのが切り返しにあり、飛車取りと角成りの両方が受からず、決まっているようにみえますが、

これに切り返しがあるということですね。

一度は▲2八飛と引いておいて、△5七角成に▲1五角が切り返しです。

一手損角換わり

3二金とあがっていないのをとがめている手です。

金があがっていれば、玉が逃げて問題ないんですが、金があがっていないので、玉が逃げると銀が取られてしまいます。

パックマン戦法でみる角打ちですね。

△3三桂で受かっているように見えますが、▲2二飛成とぶった切って、△同飛に▲3三角成が王手飛車になります。

一手損角換わり

△4二飛として、まだまだ難しいですが、こちらは香も取れそうですし、先手が少し指せると思います。

ちなみに、△4二飛の段階でのelmoの評価値は、+250ぐらいでした。

そこで、▲5八銀としっかり打っておくほうが良かったようです。

▲1一馬と香を取ったので、△4七馬の6九飛までの詰めろと桂取りが痛いです。

ただ、△2六飛と打ってくれたので、こちらが優勢になりました。

▲2七歩と打って、△同飛成は▲2八香で龍が取れますし、△7六飛とかであれば、▲7七銀とあがって、△7四飛と引かせてから、▲5八香と打てば、馬が逃げても玉頭で成香が作れます。

△3五馬もありますが、▲3六歩とおっておけば、成香ができますね。

ということで、△同飛成に▲2八香と打たせて、△2六歩で我慢されました。

一手損角換わり

スポンサードリンク

ただ、龍が逃げられるわけではありませんので、▲3三馬ともう一度戻して、飛車を取りにいきました。

elmoは取ったほうがいいと言っていましたね。

と金を作られることよりも、△2八龍▲同銀が、銀が玉の守りから離れるほうがイヤということみたいですね。

本譜は馬と飛車を交換して、飛車を打ちました。

一手損角換わり

陣形的に飛車のほうが攻めやすそうでしたし、金取りの先手で飛車がおろせるのも大きいですね。

△5二金上と受けましたが、▲2七香と飛車を取って、△同歩成を▲同飛成と取って、と金の火種も消そうという狙いです。

ということで、▲2七香は取らずに△4四角と打ってきましたね。

▲2一飛成としておいて、△8八角成。

一手損角換わり

▲同金は△6八銀で詰みですが、一段龍の形になったので、こちらの方が速いですね。

▲6一飛から追っていって、玉を引っ張り上げることに成功しました。

あとは銀も打っていって、馬を2枚とも抜けたので、脅威が全くなくなりました。

一手損角換わり

一応、この局面で詰んでいたようです。


これは読み切れないですね(^_^;)

特に中段玉はふわふわしてて読みにくいんですよね。

ということで、▲8五龍と引いてこれ以上玉を前に出せないようにしました。

△5七銀は形作りですかね。

▲4六桂と打ちましたが、▲6五龍からのほうが簡単でしたね。

△同銀成と取られる変化がありませんので。

ただ、金駒があれば詰みやすいので、取られても別にいいかなと思っていました。

相手は、△4四玉と逃げられて、▲3六桂△3三玉▲1一角であいきかずで詰みですね。

一手損角換わり

こういった乱戦は研究しているほうが有利になりやすいですよね。

また、それほど有名ではありませんし、横歩取り模様になってから、角交換されたときに試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*