左美濃急戦対策には早繰り銀!早繰り銀の狙いや攻め方は?


将棋クエスト5分切れ負けでの対局です。



スポンサードリンク

私が先手番です。

相手の方は左美濃急戦ですね。

左美濃vs早繰り銀

矢倉に対しての左美濃急戦はありますが矢倉でなくても何でも左美濃で問題ないということですね。

将棋実況者のアゲアゲさんも指していましたし、かなり優秀な戦法だと思います。

攻められる前に攻める

こちらの方針としては、相手より先に攻めようと決めました。

左美濃は優秀な囲いではありますが、2三の地点が銀しか守っていないので、薄いんですよね。

なので、そこを狙っていくことで自然と良くなっていくかなと思っていました。

▲2四歩△同歩▲同飛は、▲2三歩△2八飛で飛車先の交換はできますが、一手パスに近いので、先に攻めるという方針に合わないので、やめました。

代わりに、▲3七銀~▲4六銀と銀を繰り出していく早繰り銀にしました。

左美濃vs早繰り銀

ソフトも好む戦法ですね。

Pona流早繰り銀と名前もついて、Ponanzaが早繰り銀にして一気に攻める戦法を指したということで、プロでも指す方が増えてきました。

早繰り銀の狙いは?

基本的には、飛車と銀の連携で、2筋突破を狙っていきます。

何もしなければ、▲2四歩と突いて、△同歩▲3五銀と出ていって、突き上げた2四の歩を取りにいきます。

2四銀の形になれば、次に▲2三銀成が受かりませんので、成功です。

もちろん、▲3五銀と出てから、▲2四歩を突いて、△同歩▲同銀とする手もあります。

この辺は好みの問題だと思います。

ということで、銀を進出させないように△3四歩と突いてきました。

左美濃vs早繰り銀

ここで、▲3五歩と突いて仕掛けにいく手もあったと思います。

△7七角成は▲同桂としておいて、△8六歩と攻められますが、どっちが速いか? ですね。

ちょっとリスクが高いと判断しました。

▲8八銀と上がって、角成りは▲同銀と取れるようにしました。

そうして、△3三銀とあがれば、普通の角換わり早繰り銀のような進行ですね。

それも一局だったと思います。

スポンサードリンク

ただ、あんまり左美濃にした意味がないということで、△6四歩と左美濃を維持したまま戦いに来ましたね。

こちらは攻めの形はできましたので、囲うことにしました。

早繰り銀の攻め方

どこまで囲うかは難しい所ですが、相手に形を良くされすぎるのも困るので、▲6八玉と居玉は避けてから、戦いを起こしました。

左美濃vs早繰り銀

相手は腰掛け銀ですね。

早繰り銀には腰掛け銀ということで、早繰り銀をとがめにきました。

ただ、腰掛けるのが遅れている分どうかという所ですね。

早繰り銀の攻め方は、銀を繰り出していく必要がありますので、▲3五歩△同歩▲同銀と銀を進出させていきます。

本譜は▲3五歩△同歩▲2四歩△同歩と2筋も一緒に突き捨てました。

これは、▲3五銀~▲2四銀とスムーズに銀を前に進めさせるためです。

▲3五歩△同歩▲同銀~▲2四歩△同歩▲同銀としても同じですので、好みの問題ですね。

左美濃vs早繰り銀

ここまでいけば成功した形ですね。

次の▲2三銀成を受けるのが難しいです。

△2二歩と受けたんですが、▲2三歩と合わせていけば、やっぱり銀が成れそうです。

そこで、△5四角と打ってきましたね。

それでも、▲2二歩成△同玉▲2三歩△3一玉▲2二角と攻める手はあったでしょうか。

△2七歩と打たれても、▲3八飛と寄っておいて問題なさそうでしたし。

対局中は、2七歩がイヤそうだったので、▲2六飛と浮いて逃げました。

どう飛車を成り込むか?

ここまで攻めれたら、飛車をどう成りこんでいくか? ですね。

現状、2四の銀が邪魔なので、この銀をさばいて龍を作りにいきます。

本譜は銀交換になって銀をさばくことができました。

左美濃vs早繰り銀

玉の守りもいなくなったので、攻めにいきたい所ですが、一度▲2六飛と引いておくのが冷静だったでしょうか。

▲5五角からこじ開けに行ったんですが、△4四銀と打たれたら、飛車・角両取りになってマズかったですね。

△3三歩だったので、▲3四桂から攻めがつながりましたね。

左美濃vs早繰り銀

ここからまた難しくて、▲3二金から寄るかなと思ったんですが、読み切れなかったので、やめました。

▲3二金△同金▲同銀成△同飛で、▲3三角成として勝ちでしたね。

この角成りまでが見えなかったんですよね。

▲3四歩と打ったんですが、これも△2二銀と打たれて、攻めがつながるかどうか分からなかったです。

△2二歩と打ってくれたので、▲3二金から寄りました。

左美濃vs早繰り銀

△3一玉と落ちるしかないですが、▲4二飛成として、△2一玉▲2二金までとなります。

早指しとはいえ、ちょっと読みミスが多いですね。

考えていると時間がなくなってしまうので、仕方ない部分はあるんですが、もっと読みのスピードを速くしたいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*