藤井聡太四段が11連勝の新記録を達成した小林裕士七段との棋譜


藤井聡太4段が、前人未到のデビューから11連勝の新記録に達成しました。

その対局は、第67期王将戦一次予選で、対局相手は、小林裕士七段です。

それでは、その棋譜をどうぞ。


戦型は角換わり腰掛け銀ですね。

先後同型の形になりました。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

一番流行りの形ですよね。

4八金に2九飛と一段飛車にした形で。

5八金よりかは玉の守りが薄くはなりますが、バランスが取れていて、角の打ち込む隙がないのが特徴ですね。

問題はこの後の構想をどうするか? ということなんですが…

小林七段は、▲5六銀と腰掛け銀にしたのに対し、藤井四段は、▲6五歩と6筋の位を取りに行きました。

そこで、▲4五桂と仕掛けていきましたね。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

この場合、△2二銀と引いたらどうだったんでしょうか。

▲2四歩△同歩▲同飛は、△4四歩で桂馬が取れますから、先手の仕掛けが失敗していますし…

4五桂急戦では、▲2四歩△同歩のときに、▲6六角という筋があって、これで桂頭を守りつつ、攻めにも効かせることができますが、

この場合、△同歩と取られて終わりですから、できないんですよね。

なので、▲2六角と反対から打つんでしょうか。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

後はこの角が使えるかどうかが勝負の別れ目になってきますね。

ただ本譜は、△4四銀と上がられたので、穏やかな展開ですね。

先手としても、△4四歩と突かれて桂馬が取られる心配がなくなったので、▲2四歩から飛車先の歩の交換をして満足といった感じですね。

とは言え、浮かむ瀬によると、これはあまり良くないようで、▲2四飛と走ったときに、△1三角という手があるようです。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

▲2九飛であれば、△4六角と出て、▲4七歩と追い返そうとするんですが、△2八歩と抑え込まれてしまいます。

スポンサードリンク

▲2七飛と逃げると、△4六角の香車取りを受けるのが難しくなります。

なので、▲2二角と攻めあってどうかといった感じみたいです。

こうなると、激しい展開ですね。

藤井四段は焦らず穏やかに、△2三歩と飛車先の歩の交換を許しました。

▲2九飛に対して、△6四角。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

4六の歩を狙いつつ飛車先の攻めも見せていて、味の良い一手ですね。

ここからはねじり合いで、一手でも悪手を指したほうが負ける、難しい将棋になりました。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

ここの藤井四段の歩の手筋がさすがですね。

△8六歩と突き捨ててから、▲同歩に、△8八歩と一回叩いて、▲同玉とさせて、玉を出させて、飛車のラインに入れます。

そして、△8六歩の継ぎ歩。

▲同歩は△同桂が銀にあたってきて、味がいいですね。

なので、▲7六銀と角を攻めつつ、2筋に守りを足すんですが、構わず△6六歩。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

これはなんでしょうか。

▲同歩と取らせて空間を作らせて、何か持ったら打ち込みたいということでしょうか。

例えば、▲7五銀と角を取られたときに、△同歩と銀を取って、△6七銀と打ち込めるということですね。

かと言って取らなければ、△6七歩成が厳しいので、▲同歩と取るしかないですね。

そして、△8六歩と飛車先を伸ばしてきたときに、小林七段の反撃。

▲8二歩△同飛▲8三歩と叩きの連打。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

△同飛ですと、▲7五銀△同歩▲7四角の王手飛車ですね。

ということで、△8一飛と引きました。

角を取って、拠点も払った所で、狙っていた△6七銀。

それに対して、▲7二歩。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

△同金は、▲6四桂の王手金取りが入りますので、取れないですね。

なので、△4二玉と逃げて、▲7一歩成とと金を作って、勝負。

縦から攻めるのと横から攻めるのとどちらが速いか、という戦いですね。

勝敗の一手はこれですね。

藤井聡太四段vs小林裕士七段

取られそうな銀を最後の一働きで歩を取ったんですが、飛車先が軽くなったので、後手勝勢になりました。

ここは、▲9五銀と端を取っておけば、△同香▲同歩でまだまだだったようです。

かなり難しい将棋で、終盤の終盤まで、どっちが勝つのか分からないような将棋で、面白い将棋でした。

藤井四段、ねじり合いもかなり強いですね。

これからもっと強くなっていくでしょうし、どんな将棋が見られるのか。

すごく楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*