竜王戦挑決第3局 豊島将之王位vs木村一基九段の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負 豊島将之名人と木村一基九段の第3局です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりましたね。

これに勝ったほうが広瀬竜王に挑戦できるということで、豊島名人は一番得意な戦型をぶつけてきましたね。

木村九段は右玉模様にして、仕掛けを待つことが多いですが、本局は積極的に仕掛けにいきました。

豊島名人vs木村九段

叡王戦七段戦の村山慈明七段vs藤井聡太七段と同じ変化ですね。

▲同歩△同桂▲6六銀△6四歩▲4五歩までは一直線です。

豊島名人vs木村九段

ここから変化が多くて、藤井七段は△8六歩と仕掛けにいきました。

木村九段は△6三銀と引きましたね。

4六角を打たれたときに6四角を予め受けた意味もあります。

ただ、豊島名人は▲6八角と打っていきました。

そこから、お互い手が出せずに駒組みになりました。

木村九段から仕掛ける

豊島名人vs木村九段

木村九段は後手番ですので、豊島名人が動くのを待つのもあったと思いますが、△4四歩と積極的に動いていきました。

▲同歩△同銀右▲4五歩△5三銀と一歩手持ちにします。

スポンサードリンク

▲5八玉△4三金直と中住まいvs矢倉になりました。

豊島名人が切り込む

豊島名人vs木村九段

木村九段が飛車先交換して、▲6五銀と桂馬を食いちぎっていきます。

△同歩▲9一角成と桂香と銀の交換ですね。

そこで、△2八銀と打つ手もあったみたいです。

▲同飛なら△8九飛成と成り込めますので、▲5九飛とかわしますが、△8二歩と馬を抑え込みます。

その後に8七角を狙っていって、木村九段が勝っていたようです。

先に△8七角と打って、▲7七金△6九角成▲同飛△8八飛成が少し無理筋だったようです。

手がないとみれば歩垂らしだが…

豊島名人vs木村九段

手がなければ、△8六歩からと金を作って攻めていくのが確実ですね。

金も取れますし、かなり迫力があります。

ただ、▲4四香がありますので、どちらが速いかですね。

ソフトは先手の勝ちという判断で、800点ぐらい先手がいいという評価値でした。

木村九段は△5五歩と玉頭を狙っていきました。

▲同馬と馬を引きつけるのも味が良さそうですが、豊島名人は▲9七角△9九龍▲4四香と決めにいきました。

歩頭の桂の手筋

豊島名人vs木村九段

4筋から崩して銀一枚にして、▲2四桂と歩頭の桂の手筋ですね。

△同歩▲同歩△同銀ですと、▲2三歩△同玉▲3一角成でほぼ必至になります。

なので、△9七銀不成で角を外します。

ただ、▲3二金から迫られます。

あとは受けの効かない形になり、豊島名人の勝ちとなりました。

投了図以下

豊島名人vs木村九段

▲5五馬で木村九段の投了となりました。

△同銀ですと、▲3三桂成△同桂▲同金△1二玉▲1三銀で詰みとなります。

△2五歩なら即詰みはありませんが、▲2四歩△同玉▲3三銀打△同桂▲同銀不成△1三玉▲4四馬で必至になります。

馬を取れないとなると、どうしようもありませんので、投了やむなしですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*