初手(2手目)3二金戦法をゴキゲン中飛車でとがめてみた。


将棋クエスト5分切れ負けにて、相手の方が初手に3二金と上がられたので、ゴキゲン中飛車にしてみました。



スポンサードリンク

初手はなにを指しても、そこまで悪くはならないというソフトの影響を受けて、色んな手が増えましたよね。

△3二金もその1つですし、後は玉上がったり、銀上がったりもありますね。

ただ、△3二金は形を決めすぎていて、振り飛車にされたら悪くなるという話もありましたが、それも特に問題ないということですね。

居飛車でも一局ですが、今回はとがめる方針で、ゴキゲン中飛車にしてみました。

3二金戦法

5筋の歩を交換されないように6三銀型にされましたね。

ただこれで、△7三歩~△6四銀とあがる超速のような形はなくなったので、それはそれで大きいですね。

よりとがめるため、穴熊へ

私は穴熊まで組みにいきました。

3二金戦法

すぐに仕掛けられる心配がないのと相手の形をとがめるためですね。

相手は先に△3二金とあがってしまったので、堅くするのが難しくなります。

なので、こちらは相手ができない堅さを求めて、穴熊にしました。

問題はここからで、互角のさばき合いができればこちらが良くなりますが、どこから動いていくか? ですね。

なかなか手をつけるのが難しいので、どう指していくかは難しかったです。

こういうときは、相手の手待ちですね。

相手から動いてきてもらって、どうにかするほうが指しやすくなります。

真ん中から反発

ということで、相手の方は真ん中に飛車が回ってきて、反発してきましたね。

スポンサードリンク

3二金戦法

こちらも角を転換して、真ん中に足しました。

△5七歩と打たれても、飛車が逃げておいて、銀には角のヒモがついているので問題ないですね。

△6二飛とまわって6筋に銀が出られるのを防いだんですが、▲5四歩と拠点を作ることに成功しました。

△2二玉と戦いに備えて玉が逃げられて、こちらも▲5九飛と引いて、6九銀の割り打ちを消しました。

これで銀が取られても大丈夫なので、銀を捨てて攻め手を作る筋もできるようになりました。

角交換して、開戦

3筋から攻めて来られて、角交換になりました。

3二金戦法

△5四銀と拠点の歩を払われたんですが、▲7四歩と取り込んで、桂頭を攻めてどうかですね。

△7二飛とまわって、桂馬を取っても飛車で取り返されたときに金取りの先手になるのがイヤなので、▲8一角と打っていきました。

飛車が逃げれば、金・銀と角の2枚替え狙いですね。

かと言って、横に逃げれば桂馬を取ってと金ができるので、これも大きいです。

と金は許せないということで、△7一飛と縦に引いて、▲5四角成から2枚替えに成功しました。

3二金戦法

ここでどうしようか悩んだんですが、やっぱり桂馬を取ると金にあたってくるのが気になるので、▲7七金とあがって、金にヒモをつけることにしました。

ただ、桂馬取ったときに、結局▲7四歩と打って飛車道を止めたので、あんまり金があがった意味はなかったですね。

△8三飛と寄って、▲7五桂の飛車・角両取りが決まって、よくなりました。

勝勢だけど時間が…

中盤がごちゃごちゃして時間を使ってしまったので、終盤に時間が残っていませんでした。

後は時間との勝負で、かなり苦しかったですね。

3二金戦法

本来こういうときに龍が逃げてはいけないんですが、時間もないということで、▲6二龍と逃げることにしました。

最善手よりも分かりやすい手で、とにかく指していくしかなかったです。

後は歩成りを間に合わせていって、なんとか間に合いました。

3二金戦法

詰みも読み切っての詰みじゃなくて、感覚で指していました。

詰むならこの手順だろうということで、指していって、残り0秒でしたが何とか間に合って良かったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*