ゴキゲン中飛車超急戦~菅井流 △5七歩vs▲7五角の激しい乱戦!


将棋ウォーズ10分切れ負け。

ゴキゲン中飛車に対して、超急戦で対抗してみました。



スポンサードリンク

超急戦を受けてくれる方が少なくて、なかなか超急戦の変化にならないんですよね。

久々に超急戦を受けてくれる方がいて、超急戦ができました。

こういう激しい変化は指してて楽しいですよね。ミスが多くて、全く将棋にならないことも多いですが…

アマチュアの場合は、それも含めて楽しんでいくのがいいんでしょうね。

かなり短い将棋になってしまいましたが、本譜を振り返っていきたいと思います。

変化の1つはここですね。

ゴキゲン中飛車超急戦

この△5七歩を打つかどうか。

菅井七段が最初に指したということで、菅井流△5七歩とも呼ばれていますね。

▲同金と取ると、△8八角成▲同銀のときに、△3五角の飛車・金両取りがかかります。

なので、逃げる一手なんですが、▲6八金寄の逃げるのが正解です。

▲4八金でも悪くはないんですが、将来的に8八に馬ができるので、それを受ける意味でも6八の方が手厚くなります。

ゴキゲン中飛車超急戦

超急戦の変化はここまでは一直線ですね。

△5七歩▲6八金寄の変化を入れるかどうかは難しい所ですが。

玉の頭に切っ先を作れるので、より攻撃的な意味はありますが、▲7七桂と桂馬が逃げられる変化も生まれるのでどうかといった所ですね。

5八に金がいる場合は、▲7七桂は△同馬と取れますが、金が寄ったことにより、ヒモがつくので、跳ねられるようになります。

せっかく取れた桂馬が逃げられるので、そういう意味では損になりますね。

△5七歩が悪いという意味ではありませんが、一長一短あるということです。

ゴキゲン中飛車超急戦

ここは手が広くて、▲1一龍と香を取る手もありますが、▲7五角が私は好きなので、こちらの変化にしました。

なんで好きなのかというと、ソフトが推奨していて、これが一番研究しているからです。

▲3一角成△同金▲同龍が入れば2枚替えできます。

なので、△3二銀など受けるのも有力ですが、△7八銀と攻めあってきました。

ゴキゲン中飛車超急戦

これは、▲同金上△同馬▲同金で2枚替えで問題ないんじゃないかと思いきや、その瞬間、△5八金で詰んでしまうという恐ろしい一手ですね。

将棋実況者のアゲアゲさんも、▲7五角の変化に△7八銀と打って対抗していました。

なので、かなり有力だと思いますが、ソフトはあまり評価していなくて、500点ぐらい先手有利とのことでした。

スポンサードリンク

実践的にはかなり難しいですが、この手はアゲアゲさんの動画を見て、研究してあったので、慌てる心配はありませんでした。

△7八銀には、▲同金上と取ります。下の金で取ることが重要で、▲同金寄は後手有利に変わります。

6七の地点に金が効かなくなるので、△同馬と取られたときに、△6七馬があるからですね。

その筋を消すために、▲同金上です。そして、△同馬のときに▲3一角成から2枚替えします。

これなら、アゲアゲさんの動画のように、△5五馬と桂馬を取られる筋がなくなります。

ゴキゲン中飛車超急戦

ここから、△4九金から玉を送っていく手も有力です。この場合、玉をずっと逃して、金銀をガッチリ埋めてどうかという将棋になります。

後は手厚く指すのであれば、△7二銀と手を戻す手もあります。それに対しては、▲4八金とこちらも固めたり、▲4三桂成と攻めていく手もあります。

どれも難しい将棋ですね。

本譜は、△6九角と6七に馬がいきたいとのことでした。

とは言え、6九に角がいられるのも困るので、▲同金と取って、△6七馬ですね。

ゴキゲン中飛車超急戦

このとき実は詰むとのことでした。

13手詰ですので、ぜひ解いてみてください。

初手は分かりやすいと思います。

▲6三桂成の一手ですね。

△同玉しかありませんが、▲6一龍と入っていきます。

△6二桂など合駒に▲6四銀△同玉▲7五角に△7四玉▲6四金△8五玉▲8六金△9四玉▲9五銀とピッタリですね。

この詰みは超急戦を指す場合は、覚えておいて損がなさそうですね。

かなり出てきそうな詰みなので。

私は、受ける手しか考えていなかったので、▲5八金打としました。

ただ受けるにしても、△4九玉と単に逃げたほうが良かったですね。

また歩を打たれて結局逃げるしかありませんでしたので。

打ったせいで、金損になってしまいました。

ゴキゲン中飛車超急戦

△2六金としばられて、逃げ道をなくされました。

△2七金の一手詰みですし、▲2七歩は△4八金▲同銀△同と▲同玉△5九銀▲3八玉△4九馬▲2八玉△2七金で詰みます。

この筋が見えたのでどうしようかと思ったんですが、取りあえず桂を成り捨てて、▲4五角と2七の地点を足して受けることにしました。

王手なので、▲5四桂と合駒されて、ここで△2七歩ですね。

ゴキゲン中飛車超急戦

これで、ギリギリ受かっていると見ました。

私の読み通り進んで、△3八金に▲1八玉と逃げた所で、投了されました。

ゴキゲン中飛車超急戦

ただ、これは△3九馬まではいれるべきだったのではないかと思います。

それで、ほぼ必至ですからね。

そのときに相手に合駒がありませんので、▲6一龍からどうにかならないかと考えていましたが、正直、分からなかったです。

ソフトによると、▲6一龍△6二銀▲6四銀と捨てて、△同玉に▲5五金に△7四玉と寄って、▲7五銀と打って、△同馬と取るしかなくて、▲同歩△同玉と馬が抜けるので、詰めろが解除できるとのことでした。

そのときに、▲5二龍と飛車と取ったり、▲2六歩と金も外したりして、勝ちみたいですね。

もしかしたら、相手の方はそれが見えたので投了されたのかもしれませんが、指すべきだったと思いますね。

早指しの将棋なので、間違える可能性は十分ありますので。

なんにしても、超急戦はスリルがあって楽しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*