朝日杯 久保利明王将vs広瀬章人八段の棋譜と結果!ゴキゲン中飛車vs超速


朝日杯将棋オープン戦準決勝の久保利明王将と広瀬章人八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

久保王将は、ゴキゲン中飛車にしましたね。

それに対して、広瀬八段は超速で対抗しました。

久保王将vs広瀬八段

超速に対しては、銀対抗にするのもありましたが、久保王将は囲いを優先しました。

ここで、△6五銀と仕掛けていきました。

▲7八金△7六銀▲6六角。

△8六歩から飛車先交換して、▲8八歩と低く受けましたが、飛車を引いてから、△8七歩と合わせていきました。

▲7九銀と引かせて、△3三角。

▲5四歩から久保王将も飛車先交換して、広瀬八段は△8八歩成。

久保王将vs広瀬八段

▲同銀のほうが形はいいですが、△6六角▲同歩△4五角が飛車・金両取りになります。

なので、▲同角か▲同金ですね。

久保王将は▲同金を選択しました。

ソフトは▲同角推奨で、▲同金でも角交換から△4五角▲7四飛△6七角成で後手が400点ぐらいいいとのことでした。

スポンサードリンク

広瀬八段は△8六歩と垂らして、久保王将は角交換して▲4六角。

△8五飛と浮いて、▲7七桂△7五飛▲7八銀。

△4五角に▲5五飛と飛車をさばきました。

久保王将vs広瀬八段

飛車交換になれば、広瀬八段のほうが薄いですし、久保王将のほうがよさそうですね。

ソフト評価値は久保王将の+400点ぐらいでした。

△8七歩成▲9一角成と攻めあって、金取って、▲4六香△2七角成▲同銀と切って、△7九飛と金取りの先手で下ろしました。

▲3八金△7八飛成▲5四角から銀を取って、△4九銀と絡んでいきました。

久保王将vs広瀬八段

受けても仕方ないので、▲5五馬と引っ張って、攻めにいきました。

△2六金と上から打って、取れば△3八龍からほぼより形となってしまいます。

ただ、▲4三香成△同金▲同角成△同玉▲4六飛で外すことができますね。

見えて指さなかったのか、早指しだから見えなかったのかは分かりませんが、▲3九銀と受けて、△2七金▲同玉という展開になりました。

そこから久保王将が反撃しますが、駒を取られたので、広瀬八段にガッチリ受けられてしまいます。

久保王将vs広瀬八段

こうなってしまうと、広瀬八段の玉のほうが堅いですね。

上と横から一気に攻めて、寄ってしまいました。

久保王将vs広瀬八段

以下、△同玉▲1四歩△1六玉▲1五歩△1七玉▲1六銀△同金▲同歩△1八玉▲2八金までですね。

2転3転して、形勢が揺れ動きましたが、最後は広瀬八段の勝利となりました。

これも早指しの醍醐味ですよね。

完璧な将棋もいいですが、波乱な展開もかなり面白いです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*