里見香奈女流四冠vs藤井聡太七段の棋譜と結果!棋聖戦一次予選


第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選の里見香奈女流四冠と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

里見女流四冠はゴキゲン中飛車にしましたね。

藤井七段は超速にしました。

藤井七段vs里見四冠

超速2枚銀にして、次に△6五桂と角をどかして、▲5五銀左と歩を取る狙いがあります。

ということで、▲5四歩から飛車歩交換。

ただ逆に藤井七段に5五の位を押さえられます。

藤井七段vs里見四冠

里見女流四段は▲3七桂と跳ねて、▲4五歩と銀を追い返して▲5五銀と銀を取り返す狙いですね。

藤井七段は先に△5三銀左と引いて、▲5五銀と取ります。

どちらにしても歩は取られてしまいますが、4五歩が入っていない分、抑え込まれにくいということでしょうか。

スポンサードリンク

5五銀には△同銀▲同飛と取ります。

▲同角は△同角▲同飛△2二角で馬が作れますね。

ただそれでも、▲7五歩と桂頭を狙っていって、一局のようです。

ソフトは▲同角の変化を推奨していました。

▲同飛には△1五歩▲同歩の端の突き捨てを入れてから、△5五角▲同角と飛車・角交換になりました。

藤井七段vs里見四冠

藤井七段は一気に攻めにいきます。

▲8四角と逃げるのもありますが、△4九飛と下ろされて、受ける展開が続きます。

それでも、互角な展開ですので、受け切ることはできるようです。

里見女流四冠は▲4五歩と強く出て、銀2枚と角の交換となりました。

駒得ではありますが、△1八歩▲同香△4九飛が厳しかったですね。

1八歩を入れたことで、△1九角が打てるようになりましたね。

本局もその1九角が入って、玉が吊り出されます。

藤井七段vs里見四冠

飛車をバッサリ切って、受けられなくして、△5三金と角を取りにいって、△1七角▲1五玉△2四飛で詰ましにいきましたね。

ただ、▲6二飛の王手が入って、△4二金なら▲5一銀で詰めろになるので、角を取ってるヒマはないですね。

ということで、△4二飛と打って、▲6三角成△同金▲同飛成と角が入って、△1七角で里見女流四冠の投了となりました。

藤井七段vs里見四冠

詰めろではありませんが、▲2五玉に△3七銀成と桂馬を取っておいて、▲3三桂△3四玉▲2二玉までの詰めろがかかります。

▲2六歩でギリギリ受かりますが、金も取れるので、一手一手です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*