王将戦第3局 渡辺明棋王vs久保利明王将の棋譜速報!ゴキゲン中飛車vs超速2枚銀


第68期王将戦七番勝負 第3局の渡辺明棋王と久保利明王将が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

久保王将はゴキゲン中飛車にして、渡辺棋王は超速ですね。

第1局、第2局もゴキゲン中飛車でしたが、5五歩は決めない指し方で、本局は決めましたね。

それに対して、渡辺棋王は超速にして、久保王将は同じように銀を繰り出す銀対抗にしました。

渡辺明棋王vs久保利明王将

ここから相穴熊にしたり、居飛車が2枚銀で攻めたり、指し方が色々ありますが、渡辺棋王は7九の銀もあげていって、2枚銀の形にしました。

渡辺明棋王vs久保利明王将

桂馬を跳ねて、飛車先を交換されないように△4二角と引くのもありますね。

ただ、▲5五銀左と歩を取られるので、どちらが得かは難しいところですね。

久保王将は△2二角と引きましたね。

6四歩を突いていて、4二角としても6四角と出られないので、角の使い道が難しいですので、最初から△2二角と決めていたのかもしれません。

飛車先を交換して、一局ですね。

早い段階での端の突き捨て

渡辺明棋王vs久保利明王将

▲3五歩△同歩としてから、▲9五歩と端も突き捨てていきましたね。

早い気もしましたが、今後の展開を見ると、ものすごい良いタイミングでの突き捨てで、さすが渡辺棋王ですね。

スポンサードリンク

△同歩▲9三歩△同香と吊り上げてから、▲3五銀と銀交換します。

その後、飛車を6筋に転換して吊り上げた香を狙っていきます。

渡辺明棋王vs久保利明王将

銀を打ちたくはないですが、▲9四桂と香を取られながら王手になりますし、△7三銀とかで受けると▲6三飛成が入ってしまうので、仕方ないですね。

▲9三歩と垂らして、△同桂でも△同玉でも形を乱せるので、十分ですね。

ということで、久保王将は▲5六歩から動いていきました。

大駒は近づけて受けよ

渡辺明棋王vs久保利明王将

久保王将は2筋に飛車を周って龍を作りにいき、渡辺棋王は9筋から端攻めですね。

そこで、△9四歩と大駒は近づけて受けよで、飛車を近づける手筋ですね。

取らなければ攻められなくなってしまいますので、▲同飛の一手ですが、△8三銀で飛車取りの先手を取りつつ、受けることができます。

これで飛車が逃げてくれれば、もう一手受けに回したり、飛車成りから攻めたりできます。

ただ、▲9二歩成があるので、逃げてはくれないですね。

退路封鎖の手筋

渡辺明棋王vs久保利明王将

▲6二銀も鮮やかな一手ですね。

△同金なら▲7一銀△同玉▲9二飛成で次に8二銀がありますし、△8二銀と打っても▲8三香がありますので、かなり受けにくいです。

ソフトは△9一銀▲同龍△8二銀という受けを推奨していますが、それぐらいひねった受けでないと受かりません。

久保王将は取れないということで、△7二金と避けましたが、この銀が入ると玉の逃げ道を一気に狭められますので、大きいですね。

▲6一銀不成から金を狙っていって、△9三銀に飛車も切ってしまって、一気に寄せにいきました。

投了図以下

渡辺明棋王vs久保利明王将

ここで久保王将の投了となりました。

以下、△8四玉▲7五金△同銀▲同銀までですね。

これで渡辺棋王の3連勝ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*