菅井竜也王位vs豊島将之八段の棋譜と結果!王位戦第1局 ゴキゲン中飛車vs超速


第59期王位戦七番勝負 第1局の菅井竜也王位と豊島将之八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は、菅井王位がゴキゲン中飛車にして、豊島八段は超速で対抗しました。

菅井王位は銀対抗にして、豊島八段は、2枚銀。

菅井王位vs豊島八段

次に△6五桂▲6八角△5五銀左と歩を取る狙いがありますね。

ということで、▲5四歩△同歩▲同飛とさばきます。

△5五歩で飛車を捕まえられますが、▲7五歩と桂頭を狙って、先手も十分指せます。

なので、△9四歩と居飛車の税金を払って、9五角を防ぎましたね。

菅井王位vs豊島八段

菅井王位は、桂頭を狙って飛車を引っ張り上げて、▲7五銀と捨てて角交換していきます。

▲7五銀に対して、△同銀は▲5三歩成が入ってしまうので、△同飛の一手ですね。

ただ、△同飛とすることで、角交換後の▲6六角が王手飛車になってしまいますが、やむを得ないですね。

一回歩を成り捨てて、△5三金の形にしてから、▲6六角で飛車を取ります。

そして、▲7一飛と下ろして菅井王位が一気に攻めます。

スポンサードリンク

菅井王位vs豊島八段

豊島八段のガチ受け。

チャンスが来るまで、しっかりと受け続けていきます。

▲7三歩成に△9九飛と下ろして、▲4四歩△同歩▲7九金と角道を停めてから、桂馬を守ります。

△7八歩▲6六角と龍を狙っていき、と金を払ってから、金と桂馬を取って、飛車との2枚替え。

ただ、飛車がないと美濃囲いを攻略するのが辛いですが、どうするかですね。

菅井王位vs豊島八段

成桂を作って、安い駒で攻略していきます。

こうなってみると、逆に菅井王位のほうが怖く見えますね。

菅井王位は▲2六飛。

受けにも効かせつつ玉頭を狙っていきました。

△3八桂成▲同金に△1四歩と突きましたね。

突かないと、▲5七馬△同金▲2三飛成△同玉▲2六龍△2四歩▲1五桂から一気に寄ってしまいます。

△1四歩を突くことで、▲1五桂を防いだんですね。

ただ、▲2五桂から角が取られて、▲4二香成と銀も取られてしまいます。

菅井王位vs豊島八段

ここで、ダンスの歩が決まります。

△同銀は▲3一角から詰んでしまうので、△同金しかないですね。

歩があれば、▲4四歩で△同金でも金が逃げても銀が取れます。

ただ歩がないので、▲4四銀と打って、銀交換になっても十分ということですね。

金は逃げずに△2五香と打って、金と飛車の交換。

さらに、▲5七馬△同金と桂馬を取って、▲3二成銀から寄りました。

菅井王位vs豊島八段

ここで、豊島八段の投了となりました。

以下、△1二玉▲1三香△同玉▲2二銀△2四玉▲1三角△同香▲3三銀不成△同銀▲2六龍△2五香▲3六桂までとなります。

菅井王位が攻めて、豊島八段が受ける展開になりましたね。

豊島八段の受けもさすがでしたが、菅井王位の攻めが一枚上手でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*