四間飛車に対する居飛車急戦・鷺宮定跡の定跡と棋譜・対策


四間飛車に対する居飛車急戦の中でも、鷺宮定跡について見ていきたいと思います。

鷺宮定跡は、横歩取り青野流でも有名な青野照市九段が創案した戦法で、米長邦雄永世棋聖が好んで指した戦法ですね。

青野九段も米長永世棋聖も東京都中野区鷺宮に住んでいたということで、鷺宮定跡と呼ばれるようになりました。

ただ、これはかなり難しい戦法で、居飛車を持っても振り飛車を持っても一局ですね。

おそらく、結論も出ていないと思いますが、今は居飛車穴熊の方が指しやすいということで、プロ間ではあまり指されていません。

とは言え、攻め筋として覚えておいて損はありませんし、四間飛車党であれば、鷺宮定跡を指されたときの対策として覚えておいて損はないと思います。

鷺宮定跡の定跡



スポンサードリンク

まずは、急戦の構えを見せて、舟囲いにします。

相手は美濃囲いですね。

穴熊もあるかもしれませんが、基本的には美濃囲いの方が多いと思います。

鷺宮定跡

ここから、▲3八飛と袖飛車にするのが鷺宮定跡です。

将棋ウォーズでも、▲3八飛とまわると鷺宮定跡のエフェクトが出ますね。

角頭が薄いということで、△4三銀と上がるんですが、▲3五歩と構わず仕掛けていきます。

△同歩に▲4六銀と出ます。

▲同飛は△3四歩と打たれて、また引かないといけないので、あんまり意味がないですね。

▲4六銀に対しては、△4五歩と角道を通して角をさばくのが手筋ですね。

やっぱり角頭が弱いので、角をさばいて盤上からいなくなってもらったほうがいいわけです。

△8八角成▲同玉の形はあんまり良くないので、▲3三角成△同桂と居飛車の方から角交換していきます。

そして、▲3五銀とあがって銀を活用していきます。

鷺宮定跡

銀が5段目まで進出できて、成功の形ですね。

とは言え、美濃囲いは堅いですし、まだまだ一局です。

ここからは、△2五桂と桂馬もさばきにいって、▲3四歩△3二飛とまわります。

ここから手が広くて、▲3六飛と浮いたり、▲2八飛と戻ったり、▲1一角や▲6六角と角を打つのも有力です。

プロ棋譜

1983年9月9日に行われた順位戦の青野照市八段と森安秀光八段の一局です。


スポンサードリンク

青野九段も森安九段も八段のときですからね。

時代を感じますよね。

鷺宮定跡に対して、森安九段は、すぐに角交換しにいきました。

鷺宮定跡

後で角交換することになりますし、先にするのはプロの一手という感じがします。

これはこれで、難しい将棋だと思います。

本局もかなり難しい展開になっていますしね。

鷺宮定跡の対策

定跡通りに進めていっても、一局なので問題ありませんが、攻められたくないというのもあるかと思います。

そこで、鷺宮定跡に対して、攻められないための対策を紹介したいと思います。

鷺宮定跡の対策は△4三銀の形を早めに作るのがいいと思います。

鷺宮定跡

盤面は先後を逆向きにしていますが、この形ですね。

早めに△4三銀の形を作っておくことで、鷺宮定跡は難しくなります。

ここから、▲6八金とあがって、△6四歩▲3八飛とまわってきますが、4三銀とあがったため、△3二飛とまわることができます。

鷺宮定跡

これで▲3五歩はさすがに無理筋で、同じように△同歩▲4六銀△4五歩▲3三角成と進みますが、△同飛と取ることができますね。

銀取りにあたっているので、▲3五銀と出るしかありませんが、△3四歩に▲2六銀と引かされてしまいます。

そこで、△4四角と打っていけば、振り飛車側が好調です。

鷺宮定跡

銀と香の両取りが受からないですね。

ただ、居飛車側に攻め手がないわけでもなく、▲3五歩と突き捨てずに△4六銀と出る手はあります。

鷺宮定跡

これに対しては、△4五歩か△5四歩が有力です。

△4五歩には▲3三角成△同桂▲5五銀△6三銀が受け手です。

鷺宮定跡

△6三銀より△6三金と高美濃囲いにしたほうが形はいいんですが、それには、▲2一角という手があります。

△4二飛と避けるんですが、▲3五歩から攻められます。

鷺宮定跡

△3二銀と引いて、▲同角成とするしかありませんので、まだまだ難しいんですが、攻めの形が作られて、やや不満の残る展開ですね。

これが、△4五歩の展開ですね。

△5四歩の場合も見ていきたいと思います。

鷺宮定跡

当然これには、▲3五歩と突いてきます。

そこで、△4五歩ですね。

▲3三角成△同飛と上記と同じような展開になりますが、今度は▲3五銀と出ることができないので、▲5七銀と引くしかありません。

△3五歩と取り込んでいき、▲7七角と打って、どうかという感じですね。

鷺宮定跡

飛車が逃げれば香を取られて角が成られるので、△1二香と香を先に逃します。

▲3三角成△同桂はあんまり意味がないので、▲2四歩△同歩と突き捨てて、▲2八飛と戻ります。

そこで、△3四飛と浮いて避けて、▲2二角成△3三角▲同馬△同桂でどうかという感じですね。

鷺宮定跡

この展開は、全くの互角で評価値は0です。

なので、本当に難しい将棋ですね。

この後の展開としては、▲2三角と打って、△2五歩▲1二角成に△3六歩と突いていってどうかです。

香を取られて馬を作られ、振り飛車がちょっと不満が残るようにも見えますが、飛車は押さえ込めていますし、△4四角も厳しいので問題ありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*